死ぬことすら虚しい。 毒親から産まれたせいで生き地獄、もう終わりにしたいのに

デス書き込み

「死んでほしい」よりも、「殺したい」よりも強い感情。一度殺したくらいじゃ足りるわけがない。事故なんかでピンピンコロリと即死されたりしたら、どうしてもっと苦しんで死んでくれなかったのかと無念に歯噛みする。

分かってる。奴は死んでも反省なんかしないし、私の気持ちを理解することもなく、ましてや愛するなんてありえない。これから先、未来永劫、ずっと。
地獄に落ちても自分が悪いなんて1ミリも思わないんだろう。

毒親を殺したって、苦しめたって、私の心が安らぐわけじゃない。狂おしいほど憧れた、まともな家庭と育ちが手に入るわけでもない。

私が死んだらもう毒親と関わらなくていい。同じ世界にいなくていい。もう壊れて元に戻らない精神を引きずって生活しなくていい。

ああ、でも、私が先に死んで奴がしらじらしく悲劇のヒロイン面して、優しく愛情深い可哀想な母親を演じるの想像したら、奴らと同じ墓に入れられるのを想像したら、気持ち悪くて死ぬに死ねない。
たとえ私が苦しみを訴える遺書を残して自殺したって、奴は「自分は悪くないのにこんなこと書かれた、娘が悪逆非道のキチガイ、自殺『された』被害者の私が可哀想」としか思わない。断言できる。
死ぬことすら虚しい。

毒親から産まれたせいで生き地獄、もう終わりにしたいのに。

1か月 0 デスコメント 24 アクセス 4

コメント