誰もお前の健康を望んでないって。老害の必死さは見苦しいですね

デス書き込み

去年はデスノートのおかげか、私の父への殺意がいよいよ確実のものになった効果が、上半期に老害父は死なない態度の大したことのない脳の神経の病気となり、下半期には肺がんが発覚しました。

しかし、脳の神経の病気なんて大したことのない病気の癖にビビり倒し、酒を休日の昼にビール2缶しか飲まなくなり、肺がんに至っては経過は順調(笑)だと医者に言われた癖にまたもビビりタバコも辞めました。

せっかく私が呪ってやってるのに、ことごとく死を掻い潜り必死に生きようとしております。

この間、半年ほど前の健康診断で肺がんが発覚し、その後は月に1回大病院は出向いてるくせに「健康診断やってるんやって!俺行って来ようかな?」と言い出しました。

誰もお前の健康を望んでないって。老害の必死さは見苦しいですね。あの男が40代くらいの頃には「俺は太く短く生きる。俺の遺骨は海にばら撒いてくれ」と昭和のドラマの二番煎じ丸出しのセリフを吐いて格好付けてたけど。

実際老いて身体中ボロくなった途端に急に生に執着するとか。ドラマの登場人物のように格好良くは死ねないようですね。もうその小物臭さでこれ以上恥を晒しながら生きるのは辞めたら良いのに。役に立たないどころか、空気と水を汚すだけの価値のないゴミ人間なんだから。

この間、父が自転車で走っていたら見えているのに、どうしてもハンドルが道路に立ってあるレールに向かってしまいぶつかりそうになる。何度も。避けながら走った。と大騒ぎしながら帰って来ました。

これは俺どこか悪いのかも〜!の騒ぎです。これも来週また病院に行くそうなので医者にぎゃあぎゃあ騒ぎながら説明するんだろうな。

待ち時間が長いと受付で散々クレームを付け「覚えてろよ!!」とこれまたドラマの最初に死ぬ小物チンピラみたいの捨て台詞を吐いたらしいあの病院に相談するんでしょうね。情けない。

脳か血管の病気になりそうですが、そろそろかな。今日こそ死ぬと良いな。

0 デスコメント 33

コメント