景品表示法に基づく表記:当サイトは広告を使用しています。

デス書き込み

毒親の手下である毒妹が病んで救急搬送されました。

ちょっと前、デスノートを拾う際にエラーが起こり、書き込みは厳しいかと思い書き込みを断念しました。
数日後、最初に、毒親からの成績催促のラインが届きました。仕方が無いことだと思い応じましたが、苛立つ一言が返ってきました。次に、私への虐待のグルで都合の良い毒妹をやたら擁護するラインが届き依怙贔屓に怒りを覚えました。
気分転換に買い物をしているとなんと「妹は病んで精神科に通っている」「妹が倒れて救急搬送された」と連絡が届き、超慌てていました笑。まさか自害したかと思い、私のせいにされたらマズイので、「大丈夫か」と返答をしたら、単に免許合宿で病んだだけのようです。
幼い頃から今まで、私に心理的虐待、教育虐待、ネグレクト、経済的虐待等をやってきて夢と心をぶっ壊した癖に、毒妹がたかが数週間の免許合宿で病んだだけで毒親は大慌てでした。
毒妹も虐待にあっていましたが、毒親とグルだし、私に嫌がらせをしたりお金や物を勝手に使ったりしていました(チクったら自己管理が甘いと私のせいにされ)。いじめ被害や、持病もバカにしたりしていました。あの時、私のことを弱虫だとか、太ってるだとか、キノコ頭だとか散々言われましたが、今は毒妹自身が弱虫で、謎にキノコ頭で太っていました。
エラーが治り、その後、何件か書き込みをしましたが、エラーが起こってもこんな事態になるとは思いませんでした。
もしかして私の気持ちが届いたのでしょうか!! 本当にありがとうございます!
一年後は、毒親を地獄へ連れて行ってください。毒妹もできたらよろしくお願いします。

0 デスコメント 24

デス書き込み

クソババアに災いが起きて凄く清々しくいい気味です!
クソババア自体に災いが起きたのではありませんが
自分が「大丈夫?」と心配してあげたのに「いちいちうるさいな!」と意味不明に
怒られたので私もカチンときて怒鳴ってあげました。

どう見てもいきなり怒るクソババアがいので謝れば良いのですが
コイツは人の足を踏んでも一切謝らず「あっ、そこに足があったの」ぐらいで済ませるクズなので「何か"ざまぁみろ"的な事が起きれば良いな~」と思っていたら
ものの30分ぐらいでクソババアが食べるお昼ご飯が不意に落ちて全滅。

「いい気味だ!」と言ったらクソババアに聞こえたらしく「いい気味と言ったな!」と言われたので「だから何?」と思いながら鼻で笑ってあげました(笑)

まぁ、しっぺ返しは絶対に来るということですね!
すごーーーーく清々しく、いい気味です(笑)

0 デスコメント 14

デス書き込み

報告が遅れましたが、昨年末に毒父がやっと亡くなりました。死神様ありがとう。
家族がストレスで全員体調を崩してしまいやむなく逃げるように引っ越したものの、その後も何かと問題を起こしては夫が度々(運転できるのが夫しかいないため)呼び出され、引っ越し早々クビ同然で主人は新しい勤め先を退社に追い込まれるなど、毒親の介護という魔の手からはなかなか逃れられませんでした。
とはいえ、あれから数ヶ月。最初の頃は冷やかしで見舞いに来ていた友人や親戚たちからも次第に見放され、母は別の施設へ。もはや自力ではほとんど歩けない状態だったのに、しばしば癇癪を起こし介助の方の手を振り払って歩き出したかと思えばすぐに派手に転んでまたまた骨折(何度目かもう忘れるぐらい折ってた)するなど本当に見苦しい日々だったようです。最後の最後まで老いを受け止めることをできずに、もがき、喚いて、繋がれていた点滴の針も自分で引き抜くなどを繰り返して、危篤との連絡で病室にかけつければ、誰もいない個室でバイタルサイン?(なんか心拍とか血圧とか表示されているオシロスコープみたいな装置のあれ)がツーーーーーと直線になっていて。夫と二人で「え、これって……既に死んでるんじゃ……」と困惑していると少し遅れて入って来たナースが慌てて主治医の先生を連れてきて、はい、終了。
危篤の連絡受けてから私達が病院に着くまで2時間はあったと思うのですが、誰もその間、死んだことに気づきもしなかったという。
まあ、さんざん身勝手に振る舞って来た人ですから最後は誰にも気にかけてもらえなかったんでしょう。
葬儀には別の施設に入所中の母も呼んだのですが、認知症が相当進んでいて、服も汚れたものを着せられたままでの参列でした。しかも、数週間後に事務手続きで夫が母の施設に寄り、少し話をしたら、父が死んだことも、一緒に葬儀に参加したことも綺麗さっぱり忘れていて「えっ、お父さん死んじゃったの?いつ?」と驚いていたらしいです。
この調子ですから、毒母も毒父と同様に、私にはありがとうもごめんなさいもなく死んでゆくのでしょう。
とりあえず、今は少し肩の荷がおりたような感じでいます。子どもに酷い扱いをすれば、親はいずれ報いを受けて情けない死に方をするのだなと思いました。バランスはちゃんと死神様が公平にとってくれるようです。

死神様、皆様、ありがとうございました。
父は亡くなりましたがまだ毒母が生きておりますので、また理不尽なことがあればこちらに恨み節か何か書かせて頂くかもしれませんので籍は残したままにしておきます。

0 デスコメント 40

デス書き込み

先月、毒母が他界しました。

私が幼少の頃から身勝手で散財癖のある性格と、それを厳しく正す事が出来ない弱い父のせいで只でさえ地獄の様な苦労をして来たのに、晩年は重度の認知症や各内臓の重病を発症して2年以上に及ぶ入院生活が続き、心身的にも経済的にも苦しめ続けられた憎き母の最期は、余りに安らかなものでした。
憎くて憎くて堪らないのに死に顔を見て涙を流してしまった理由は私自身にもよく分かりませんでした。

何はともあれ、これにて地獄の日々から漸く解放されました。負の遺産も多く、残された手続き等に追われる日々ではありますが、これからの私の人生を思う存分楽しんで失われた時間を取り戻して行こうと思います。
ここに書き込まれている皆さんと共有した気持ちが何よりの励みとなりました。このノートを提供してくださった死神さんにも合わせて、深くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

今もまだ毒親と戦われている皆様が一日も早く地獄から解放されます様に心から願っております。頑張って下さい!

3 デスコメント 42

デス書き込み

本人じゃないけど、効果あったんかな?
認知症爺が誤嚥で死んだ。婆は、ぶっ壊れたのかブツブツ言ってる。
これから1人で過ごすしかないもんな。娘が常にいられる訳じゃないし、ざまぁ!
まとめて逝ってくれりゃ葬式一度で済むのに。明日までに逝ってくれりゃ、まだ間に合う!自◯でいいから逝ってくれ。
爺が道連れにしてくれりゃ一番。
あと1人。早くこの糞婆も連れて逝ってください。
次こそ、この糞婆を。よろしくお願いいたします。

0 デスコメント 26

デス書き込み

あれから歩けなくなってせん妄認知症まで発症した
クソジジイは入院になりました。
入院先でもワガママを言い続けて
リハビリを拒否した結果、帰れるわけもないので施設に入りました。
だって自力で歩けないもの。帰れるわけないじゃん。
こいつが帰ってきたらまた私がメンタル壊れるし
そもそも仕事休んでまで毒しか吐かないジジイの世話はしたくない。
命救っただけ感謝しろ。

おかげさまで一時的とはいえ
ひとりでストレスフリーな生活を送ってます。
なにかあればまたここに顔出します。
私を救ってくれてありがとう。

0 デスコメント 30

デス書き込み

今日は人生最良の日でした。子供の頃から大嫌いなクソ祖父がようやくくたばる時が来たらしい私の日々の恨みと積年の恨みがようやく地獄の死神様に届いたらしい死神様ありがとう。医者が言うには重度の膵臓癌ステージ4つまりは末期癌らしく、医者からも手の施しようがないと告げられたらしい。マジざまあwww膵臓がんって死ぬほど痛くて苦しい最期らしいから、あの性悪ジジイに相応しい最期だよwww。クソ親の前では悲しい顔したけど、内心笑いが込み上げてきそうで困ったしそのあと自分の部屋で大笑いしたわ。死神様本当にありがとうございます!もうあのジジイの声も姿も見なくていいと思うとこれからの人生最高です。今度はうちの糞毒両親も早く地獄へ送ってください。

0 デスコメント 50

デス書き込み

2日前、毒祖母が吐いて病院行ったらしい

自分で作ったおじやを常温で一晩置いといたにも関わらず食べて吐いたとのこと

私らは仕事だったから優しい従兄弟が病院に連れて行ったらしく、残念ながら今は元気っぽい

ただ、ずっと元気だったからそういうことがあってとても嬉しい

ただの自業自得かもしれないけど、死神様ありがとうございます

もっともっとアイツを弱らせてくださいm(_ _)m

0 デスコメント 33

デス書き込み

先日ここに我慢の限界と共に
クソジジイのたくさんの悪行を書き込んだところ
転ける頻度が増え、歩くどころか自力で立てなくなりました。
少し優しくなったかと思いましたが
気に入らないことがあると相変わらずボロカスの嫌味文句は止まりません。
身体が元気でなくてもお口だけは無駄に元気100倍です。
頭は多少認知症が進行したか、面倒くささが増しました。
なんで森の中にラーメン置いてきたと聞かれてもそんな記憶は自分にはありません。
ほぼ寝たきりでもテレビのリモコンだけは一生離しません。
とりあえず怒鳴ることは少なくなったので
不眠症は少し改善されたらいいなと思います。
誰にも迷惑をかけずにもっとおとなしくなってくれると嬉しいけど!
ひとまず報告です。ありがとうございます。

0 デスコメント 35