デス書き込み
慢性腎臓病で入院していた父が退院した。 そして、まるで病院の食事制限の呪縛が解けたように暴飲暴食に走っているらしい。 母も最悪、それを止めもせずいろいろ与えて夜中になると俺の部屋に入ってきて長々と部屋の入口に立ってペラペラペラペラ、歳や体調不良を伝家の宝刀のように使って栄養管理を俺に丸投げ。 大体、家の食事作ってるの母だし、魚を食べさせることになると無限マシンガンのようにペラペラペラペラ力説しまくるくせに。 その癖に肝心の父の栄養管理も全然できてないとか、笑えないわマジで。 大体、病院で栄養指導受ける時、栄養指導員の話を真面目に聞いてたのか? 結局は自分の歳や「忙しいんや」とか「頭がこんがらがるんや」を常套句のように用いて俺に丸投げ、食事作る当の本人がそんなんでどうすんの? 昔、医療現場を舞台にしたテレビドラマでやる気のない患者に対して、「あなたが努力しないと我々が手を尽くしてもダメなんですよ」と叱咤するシーンがあったのを思い出した。 まさに、父も母もそのやる気のない患者そのものといえる。 このままじゃ、病院で何も学んでいないと言わざるを得ないし、病院での食事療法生活が全部無駄になって、2週間もしないうちに人工透析を受ける羽目になるのも容易に想像できる。 結局、俺って一体何なんだよ!? まったくもって、情けない。・゚・(ノД`)・゚・。
1週間 2 デスコメント 98 アクセス 4

デス書き込み
うちの高校は資格にうるさい学校で、学生の資格取得を奨励してたんだけど、高校在学中は親が原因の劣等感のせいで何一つ資格とれなくて、それが悔しかったから高校出てから自分の得意分野の資格を取った。自分はまともな親に育てられてればできる子だったのかも知れない。それなのに、お前らは私が幼い頃から馬鹿だの何だの言いやがってさ。馬鹿はお前ら両親だよ❗計画性もなしに勝手に子作りして産んだくせに❗お前らの介護なんて絶対してやらないから老後はいとこの家にポイしてやるから、そっちで介護してもらえ。
2週間 0 デスコメント 15 アクセス 5

デス書き込み
今日、父がまた入院生活に逆戻りした。 しかも、慢性腎不全でこのままだと人工透析も近いらしい。 父の家系は糖尿病の家系だそうで、次から次へと病気にかかっては入院沙汰になる。(俺も多分そっち系が遺伝しているのは間違いない) また振り回される日々が来るのかと思うと自分の心が壊れそうだ。 そんな何度も入退院を繰り返す父の口から「心配かけてごめんな」の一言をまだ一度も聞いたことがない。 昨年の夏は脳卒中で倒れて救急車に乗る羽目になった。 昨年、記録的な猛暑の夏だったが俺にとっては「凍てついた夏」だった、そしてそんな歌まで作ったほどだった。 そして今年も凍てついてしまうのかと思うと、もうどうすればいいか分からない。 そして、これに輪をかけて絶望するのが残された母との二人での生活である。 最近の母はその日にあったこともすぐに忘れてしまう、酷いことに今日父の入院に母と共に俺も同行したのに俺が同行しなかったことに改ざんされてしまっている。 忘れたことに対して正しい指摘をしたことに対する母の言動は、俺自身の存在と尊厳を踏みにじっているといってもいい。 「最近いろいろ忙しくて忘れるんや」を常套句のように用いて正当化し、誤った認識を正したことに対して一言も謝るような言動がない。 そして、何よりまた二人だけの生活になることで嫌な予感しかしない。 外が美しい晴天なのに、絶望シールドをかけられたように最悪だ。 こんなんで生きていく自信なんてあるわけがない。
3週間 0 デスコメント 34 アクセス 2

デス書き込み
最近、うちの毒母の「私は仕事や家事で疲れてるのよ」アピールがうざい。母親に就職妨害されて強制的に障害者施設に入れられ、嫌になって退所してからというもの、私は何もしてないのに毒母が冷たい視線で睨んでくる。お前は私のことを奴隷かペットとしか思って無いんだよね❓毒父もすぐ怒るし893みたいに口悪いし。こんな両親のもとに産まれなきゃよかった。マジで両親とも早く死んでくれ。
4週間 0 デスコメント 18 アクセス 9

デス書き込み
出来の悪い息子でごめんね、というかこんな家庭に生まれたことを恨む。 父は自分で健康管理しようとする意志はないようだ、昨年の脳卒中で倒れていた時はアダルトビデオを見ていたようだし、その時の血圧も最高200以上あったが最近その近辺までまた血圧が上がっている。 俺は父に再三にわたって食事の直後に体を横にするなと言ってきたが、やはりそれを肝に銘じるような意思はないと思われる。 母は、その父の病をネタに「死ぬ順番」を強調して今日も俺を責め立てる。 最近のパターンは、「お父さんのこときをつけちょってやりよ」、これが俺を責め立てる常套句のオンパレードのトリガーになって、その度に滅茶苦茶不愉快にさせられる、家の中でも車の中でも。 そして、肝心の父が自分の体を維持する努力をしようとしないのだからこっちはたまったもんじゃない。 そもそも母は、病を強調して暗い雰囲気にすることがますます病を進めるということに気づいていない、いや、認めたくないのだろうな。今まで、いろいろ明るい雰囲気であるべきところで母の言動でどれだけそれがぶち壊しにされてきたことか。 そして、一日の出発点である朝食時にこんな話を無理矢理押し付けられて全部台無しにされることすら多い。(今日もやられた) これも、俺が必ず最後に残るという前提での「死ぬ順番」や「病気の父」というネタがあるせいなのだろうな。 今の俺は、こんな家庭と給料も雀の涙のクセにブラックな体質の職場(ちなみに、上司デスノートもいくつか書いている)との間に挟まれて絶望の底に落ちている、そしてここ数か月は腸と肛門が調子悪い。 死にたいのか生きたいのかもはっきりすることもなく、明るくなりたくてもなれない。 出来ることなら、別の誰かに転生したい。
1か月 0 デスコメント 37 アクセス 7

デス書き込み
「親のせいで死にたい」というカテゴリーがあったらいいのですが… 母のことは嫌いですが、 死んで欲しいとは思っていません。 とりあえず、このカテゴリーを選んでいます。 会えばいつも愚痴をこぼしていく母。 こっちは毎回疲れる。 今日は私が子育てのイライラも相まって、 そして、母から見当違いなことを言われて苛立った。 それを態度で出した。 そんなに態度に出すことはないけれど、 今日は我慢できなかった。 すると母は「イライラしないで!こっちまでイライラする!!!」と捨て台詞を吐いて帰っていった。 え…いつも私には関係ないイライラをここでこぼしていくじゃない、あなたは。 それでどれだけ私がストレスを感じてるかわかってないのね… 自分のことを棚に上げて正論振りかざして愚痴ばかりこぼす母と 付き合っていくのはもう疲れた… 死にたい
, 1か月 0 デスコメント 73 アクセス 18