æ™¯å“čĄ¨į¤ēæŗ•ãĢåŸēãĨãčĄ¨č¨˜īŧšåŊ“ã‚ĩイトはåēƒå‘Šã‚’äŊŋį”¨ã—ãĻいぞす。

デ゚書きčžŧãŋ

įˆēがæ­ģんでからようやく大äēēしくãĒãŖたと思ãŖたら、äģ–æ‰€ã§ã†ãĄãŽã“ã¨ã‚’ãƒœãƒ­ã‚¯ã‚ŊãĢ言ãŖãĻたぎが息子ãĢバãƒŦたらしく、大喧嘊しãĻからぞたうるさくãĒãŖた。
もうæ­ģんでくれよ。
į”ŸããĻãĻもčĒ°ã‚‚喜ばねぇわ。
éĻŦéšŋ娘は、čĒįŸĨį—‡įˆēがいた時は全くæĨãĒかãŖたくせãĢ、æ­ģã‚“ã§ã‹ã‚‰é€ą4くらいæĨãĻãĻéŦąé™ļしい。
čĻĒ子揃ãŖãĻæ­ģねよ。いãŖãčĄŒæ–šä¸æ˜ŽãĢãĒãŖãĄãžãˆã€‚č‘ŦåŧäģŖå‹ŋäŊ“į„Ąã„。åĸ“ãĢもå…ĨれたくãĒい。
旊くæ­ģね。äģŠã™ãæ­ģね。ヨã‚ŗã‚ŋキヌがäģŠã™ãæ­ģãĢぞすようãĢ。地į„ãĢčŊãĄãĻしぞえ。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 1

デ゚書きčžŧãŋ

わįœŒãĢéƒĄã‹į”ēあãĢäŊã‚€ã‚Ēã‚Ēã‚ˇãƒžã‚ĩヨã‚ŗよ。我が子を毎æ—ĨãŠãĄã‚‡ãã‚Šã€čĄ€åœ§ã€į­‹č‚‰ãŽã˛ãã¤ã‚‹æˆ‘が子ãĢæ­ģねとばかりとおめをåˆēã™ãŠãĄã‚‡ãã‚Šã‚’ã™ã‚‹ã€‚čĻĒ族が我が子を全į„ļ劊ける気がãĒã„ã‹ã‚‰ã€ã˛ãŠããĒる一斚。こぎ頃は、į§ãĢ、ã‚ĩヨã‚ŗをæŽēせと包丁持ãŖãĻせぞãŖãĻくる。我が子をæŽēäēē者ãĢしたいらしい、小さいときからį§ã¯ã€å¸¸č­˜ãŽåå¯žã‚’教えられãĻきた。毒čĻĒ達がå…Ĩé™ĸしãĻも、čĻ‹čˆžã„ãĢ行ãŖãĻã¯ãƒ€ãƒĄå‡ēã—ã€čĄŒãŖãĻもいいぎは退é™ĸã™ã‚‹æ™‚ãŽčˇį‰Šé‹ãŗだけãĒお。ã‚ĩヨã‚ŗと、ヒロヤ゚å¤ĢåŠĻは、周りぎäēē達ãĢ、č‡Ē分達は善äēēã€æˆ‘ãŒå­ã¯å¸¸č­˜ãŽį„Ąã„æ‚ĒäēēãĢしãĻ、思わせãĻ周りを洗č„ŗしたいãŋたいだ。毎æ—Ĩ、怖くãĻたぞらãĒい。道を歊く前ãĢ周りをčĻ‹å›žã—、äēēãŒã„ã‚‹ã¨å“€ã—ã„éĄ”ã‚’ã¤ãã‚Šã€į§ãŒč™ã‚ãĻいるãŋたいãĢæŒ¯ã‚‹čˆžã†ã€‚åŽļぎ中では、トãƒĒッキãƒŧãĒäē‹ã‚’をし、į§ãĢæ€’ã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã€ãŠãĄã‚‡ãã‚Šã€č„…čŋĢする。もう、憎くãĻ、憎くãĻ、あぎ世ãĢ行ãŖãĻもå‡ēäŧšã„たくãĒい。それと、毒čĻĒæ­ģんだら、こいつį­‰ãŽč‘Ŧåŧã§ãŸããĒいし、åŽļãĢéēéĒ¨ã€äŊį‰ŒįŊŽããŸããĒいし、おį›†ãĢčŋŽãˆįĢãĒんかたかãĒいつもり、īŧ”īŧ™æ—Ĩ、3んかいきãĒおぎかいきも、įĩļ寞ãĢやらãĒい。やるもんか。お前らぎåĸ“参りį§ãŒį”ŸããĻいる限りしãĒいからãĒ。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 0

デ゚書きčžŧãŋ

あãĒたがį”ŸããĻいる限りį§ãĢ嚸せはこãĒい。
小さい頃からずãƒŧãŖとį§ã‚’čŋŊã„čŠ°ã‚įļšã‘ãĻきた。
ずãŖとずãŖとį”Ÿãįļšã‘ãĻこれからもį§ã‚’čŋŊã„čŠ°ã‚įļšã‘るんだね。
こぎ世ãĢ永遠はãĒいというけお、あãĒたは永遠ãĢį”Ÿãįļšã‘ãĻ
į§ã‚’č‹Ļしめるんだね。į§ã¯ã‚‚うį–˛ã‚ŒãĄã‚ƒãŖた。
įĨžæ§˜ãĢ劊けãĻæŦ˛ã—い。だãŖãĻé…ˇã„äē‹ã„ãŖãąã„ã—ãĻきたįˆļčĻĒãĒんだから。
į§ã‚’一äēēぎäēē間としãĻæ‰ąãŖãĻæŦ˛ã—かãŖたãĒあ。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 5

デ゚書きčžŧãŋ

毎回č‡Ēåˆ†ã§å†ˇå‡ã†ãŠã‚“ã¨å†ˇå‡é¤ƒå­ã‚’č˛ˇãŖãĻæĨãĻは晊ぎ餌ãĢ母ãĢčĒŋį†ã—ãĻč˛°ã„é¤Œäģ˜ã‘られãĻたキチã‚Ŧイ。

äŊ•ã¨ããŽč‡Ēåˆ†ã§č˛ˇãŖãĻæĨãŸå†ˇå‡ã†ãŠã‚“ã‚’ã€ŒäģŠãžã§éģ™ãŖãĻたけお、毎æ—ĨうおんばãŖかりéŖŸã‚ã•ã‚ŒãĻéŖŊきãĻã‚‹ã€ã¨čĄæ’ƒãŽäē‹åŽŸã‚’åŖãĢしぞした。

そしãĻå†ˇč”ĩåēĢぎ中ãĢはキチã‚Ŧã‚¤ãŒč˛ˇã„č˛¯ã‚ãŸã¨ã‚ã‚æ˜†å¸ƒīŧ˜čĸ‹(ã†ãĄīŧ‘つは開封済ãŋ)とかぞãŧこīŧ”つ(ã†ãĄīŧ‘つは開封済ãŋ)と揚げīŧ”čĸ‹ãŒã€æ¯ãĢよãŖãĻキチã‚ŦイぎåŖãĢį„Ąį†ã‚„ã‚Š(įŦ‘)攞りčžŧぞれることãĒく攞įŊŽã•ã‚ŒãĻぞす。ãĒãŠå†ˇå‡ã†ãŠã‚“ã¨é¤ƒå­ã‚‚ãžã ã‚ã‚Šãžã™ã€‚

æŦĄãŽãƒ–ãƒŧムはパãƒŗぎようで昨æ—ĨからéŖŸãšå§‹ã‚ã—た。マãƒŧã‚ŦãƒĒãƒŗとジãƒŖムもæˇģえãĻ。ぞた不åĨåēˇãã†ãĒもぎãĢハマãŖãĻäŊ•ã‚ˆã‚Šã§ã™ã€‚

äģŠæ—Ĩぎ晊ぎ餌もパãƒŗをéŖŸãšã‚‹ã¨č¨€ã„å‡ēし、ここでキチã‚Ŧイぎことを原はåĨŊきãĒぎかもしれãĒい変態ぎ母がすかさず

「į§ã‚‰ã‚Ēムナイ゚したけお」といらんおį¯€äģ‹ã‚’。「おおéŖŸãšã‚‹éŖŸãšã‚‹īŧã€ã¨ã‚­ãƒã‚Ŧイも䚗ãŖãĻしぞいぞした。

ぞãƒŧたäŊ™č¨ˆãĒã“ã¨č¨€ã†ã€‚ãƒ‘ãƒŗéŊ§ã‚‰ã›ã¨ã‘ばいいぎãĢ。ã‚Ēムナイ゚ãŖãĻåĩãĢ、あとäģŠæ—ĨはįŽ‰ã­ãŽãĢんじんピãƒŧマãƒŗがå…ĨãŖãĻãĻãĒかãĒã‹æ „é¤ŠčąŠå¯Œã€‚ãžã˜ã§ã†ã–ã„ã‚ã€‚

これからæšĢく母はį”ŖんだčĻšãˆãŽãĒã„é•ˇį”ˇã§ã‚ã‚‹ã‚­ãƒãĄã‚ƒã‚“ã§ã‚‚å–œã‚“ã§éŖŸãšã‚‹é¤Œã‚’č€ƒãˆãĻäŊœã‚‹ã§ã—ょうね。éŖŊきるぞでæšĢくキチã‚Ŧイぎ餌は母ぎ手料į†ãĢãĒるでしょう。

夜、少し暑かãŖたぎで寝厤ぎįĒ“ã‚’å°‘ã—é–‹ã‘ãŸã‚‰æ¯ãŒã€ŒãĄã‚‡ãŖとぞãŖãĻ。įĒ“を開けたらドã‚ĸが閉ぞãŖãĻįŒĢがå‡ēられãĒいからâ€Ļ」と5ã‚ģãƒŗチãģお開けぞした。

キチã‚ŦイがいãĒかãŖたらいつもはįŒĢぎã‚Ļエ゚ト嚅開けãĻãžã™ã€‚ã‚‚ã†č€åŒ–ã§č€ŗãŒčžã“ãˆãĨらい母と違ãŖãĻč€ŗãŽč‰¯ã„į§ã¸ãŽé…æ…Žã¨ã—ãĻ間をとãŖãĻぎ5ã‚ģãƒŗチぎようです

いやそぎ配慎意å‘ŗねえわ。į§ãŽã“とも気éŖãŖãĻぞãƒŧすãŖãĻã‚ĸピãƒŧãƒĢしãĻるだけでäŊ•ãŽæ„å‘ŗもねえわ。キチã‚Ŧã‚¤ãŽéƒ¨åą‹ã‹ã‚‰ã‚ĸãƒ‹ãƒĄãŒå¤§éŸŗ量でこãŖãĄãŽéƒ¨åą‹ãžã§čžã“ãˆãĻæĨるわ。母ぎč€ŗãĢã¯čžã“ãˆãĒいんか気ãĢãĒらãĒã„ã‹ã‚‰č‰¯ã„ã ã‚ã†ã‘ãŠã€‚

ã€Œã˜ã‚ƒã‚č‰¯ã„ã‚ã€‚įĒ“é–‰ã‚ã‚‹ã‚ã€ã¨ãƒã‚ˇãƒŗãŖとįĒ“を閉めãĻ扉ぎ゚トッパãƒŧを外しãĻドã‚ĸを半ドã‚ĸãĢæˆģしぞした。厌全ãĢ閉めたいけお、įŒĢがå‡ēå…Ĩりå‡ēæĨるようãĢ最äŊŽé™ãŽé…æ…Žã§ã™ã€‚

すると母は「ãĒã‚“ã‹č‰¯ã„æ–šæŗ•ãĒいんかãĒ〜」とäŊ•ã‚‚č€ƒãˆãĻãĒいį™–ãĢį§ãŽã“とも気ãĢしãĻるã‚ĸピãƒŧãƒĢです。

「いやもうキチã‚Ŧイがæ­ģãŦしかãĒいよ。斚æŗ•ã¯ã€ã¨č¨€ã†ã¨æ¯ã¯éģ™ãžã™ã€‚

äŊ•ã‹č‰¯ã„æ–šæŗ•ãŖãĻwäŊ•ã§į§ãŒæ‰‰ã‚’閉めたがãŖãĻるかをそもそも分かãŖãĻãĒいīŧŸwåˆĨãĢドã‚ĸが開いãĻることが気ãĢãĒるんじゃねえわ。キチã‚Ŧイぎįˆ†éŸŗã‚ĸãƒ‹ãƒĄå¤§äŧšãŒč€ŗ障りだから閉めãĻんだわ。

母はéƒŊ合がæ‚ĒくãĒるとéģ™ãŖãĻキチã‚Ŧイぎご抟åĢŒå–りつつ娘ぎことも気ãĢかけãĻるã‚ĸピãƒŧãƒĢしãĻるだけだから一į”ŸįŠļæŗã¯å¤‰ã‚ã‚‰ã‚“けお。

そんãĒãĢキチã‚ŦイがåĨŊきãĒら、キチã‚Ŧイぎご抟åĢŒå–りとéŖŧ育ãĢだけ専åŋĩさせãĻやろうかīŧŸ

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 2

デ゚書きčžŧãŋ

įˆļいわく、įĨ–母ãĢį§ãŽį‰Šã‚’勝手ãĢäŊŋわれãĻį„Ąãã•ã‚Œã‚‹ãŽã¯ã€į›ŽãĢį•™ãžã‚‹ã¨ã“ろãĢįŊŽã„ãĻおいたį§ãŽã›ã„。
įˆļとį§ãŒå¤§ããĒéŸŗをįĢ‹ãĻãĻも、æ‚Ēいぎはį§ã ã‘。
įĨ–母いわく、įˆļがį§ãŽã‚­ãƒŖãƒƒã‚ˇãƒĨã‚Ģãƒŧドをį›—ã‚“ã§č˛¯é‡‘ã‚’400ä¸‡å…¨éĄåĨĒãŖたぎは、č‡Ē厤ぎã‚Ģバãƒŗぎ中ãĢč˛Ąå¸ƒã‚’å…ĨれãŖãąãĒしだãŖたį§ãŽã›ã„。
母がįˆļãĢ怒åŖ°ã‚’æĩ´ãŗせられãĒがら金をåĨĒわれ、母ぎã‚Ģãƒŧドで勝手ãĢ借金され、é›ĸ劚しãĻå‡ēãĻいãŖたぎもį§ãŽã›ã„。
äēŒäēēしãĻぜãƒŧんãļį§ãŽã›ã„で、į§ãŒæ‚Ēい。
įˆļとįĨ–母はおäē’いだけが大äē‹ã§ãŠäē’いだけを厈り合ãŖãĻ、ãģんとįžŽã—いčĻĒ子愛ですね。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 4

デ゚書きčžŧãŋ

お前ら毒čĻĒおもぎせいで意å‘ŗ不明ãĒ半į”ŸãĢãĒãŖãĻしぞãŖたがね。ãģんとお前らぎ希望å„Ē先でį§ãŽå¸Œæœ›ã‚’却下するからこういうことãĢãĒる。一々įžŠãŸãĄãŽäē‹ãžã§åŖå‡ēしするから、こãŖãĄãŒįžŠãĢ恨ぞれる。そぎくせį§ãĢはåĢãĒんだからįžŠčĻĒãĢäģ•ãˆãĒいとãŖãĻお前らぎč„ŗãŋãã¯æąŸæˆ¸ã‹æ˜Žæ˛ģか大æ­Ŗ時äģŖですかīŧŸīŧŸīŧŸč‡Ēåˆ†ãƒ•ã‚Ąãƒŧ゚トで我儘はお前らぎ斚だよねīŧŸīŧé•ã†īŧŸã ã‹ã‚‰įžŠãŸãĄã¯ã„い気ãĢãĒãŖãĻåĢã„ãŗりをåšŗ気でするčŧŠãĢãĒãŖた。ぞあ元々įžŠã¯ãã†ã„う性æ ŧでしょうけお。ãģんとčĻĒįˆļはč‡ĒæĨ­č‡Ē垗ぎようãĒåŊĸでį—…æ­ģした。
æ­ģãŦ間際äŋēぎ一į”Ÿã¯č‹ĻしãŋだけだãŖたとか嘆いãĻたけお。。お前が選択したįĩæžœã ã‚īŧŸīŧŸīŧŸäģŽãĢįĨ–įˆļ母ぎå‘Ŋäģ¤īŧŸã ãŖたãĢしãĻも。それでも母čĻĒとįĩåŠšã—たぎはį´›ã‚Œã‚‚ãĒくお前č‡ĒčēĢだ。母čĻĒもãĒ、ãĒんでも運å‘ŊãĒぎよとかåšŗ気でåŖãĢするãĒ。中ãĢはお前ぎ選択した部分もあるんだ。それをåĻ厚や゚ãƒĢãƒŧしãĻåšŗæ°—ã§č¨€ã†ãĒ。娘ぎį§ãŒäŊ•ã‚‚įŸĨらんとでも思ãŖãĻるぎかīŧŸãŠå‰ã‚‰ãŽč„ŗ内でぎį§ã¯ã„つぞでたãŖãĻも小中å­Ļį”ŸãŽãžãžãĒぎかãĒīŧŸīŧˆč‹ĻįŦ‘īŧ‰ã ã‹ã‚‰æ˜­å’Œč„ŗはあかんぎだわ。。č‡Ē分ぎéƒŊ合ぎいいようãĢしかč§Ŗ釈できãĒい。娘ãĢはパワハナやãƒĸナハナぎ限りをå°Ŋくすクã‚ēãŋたいãĒやつら。ãģんとč‹ĻしãŋãĒがらくたばりãĒさい。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 3

デ゚書きčžŧãŋ

くそばばあ!!旊くæ­ģねやâ€ŧī¸
äēēぎæ‚ĒåŖばかりで抟åĢŒãŒæ‚ĒくãĒるとすぐį§ã¸åŊ“ãĻつけぎ様ãĢしかめãŖéĸぎブ゚éĸしやがãŖãĻīŧã‚ãƒŧ旊くč§Ŗ攞されたいīŧäŊ•ãŽãŸã‚ãĢį”ŸããĻるぎか分からãĒくãĒる。文åĨぎ1ã¤ã§ã‚‚č¨€ã†ã‚‚ã‚“ãĒら100ãĢãĒãŖãĻčŋ”ãŖãĻくる。だからもうäŊ•ã‚‚č¨€ã‚ãĒã„ã€‚č¨€ãŖた所でč‡Ē分ぎ非はčĒã‚ãĒいおころがč‡Ē分はäģŠãžã§é ‘åŧĩãŖãĻããŸã¨č¨€ã†ã€‚čŠąãĢãĒらãĒい。äģŠã˜ã‚ƒã‚ããĢ歊けもしãĒいでįŗžå°ŋč‡­ãƒ—ãƒŗプãƒŗでčŋˇæƒ‘かけãĻるすら思ãŖãĻãĒいīŧã“ã‚“ãĒäēē間がãĒぜį”ŸããĻるīŧŸ
čļŗヨボヨボãĢãĒãŖãĻčĒ°ã‚‚寄りäģ˜ã‹ãĒãŖたぎはč‡ĒæĨ­č‡Ēåž—īŧæ‚˛åŠ‡ãŽãƒ’ロイãƒŗãļãŖãĻんãĒīŧ
明æ—Ĩæ­ģねīŧäģŠã™ãæ­ģねīŧæ­ģãŦ時äŊčŋˇæƒ‘かけãĒい様ãĢ金かけãĒい様ãĢåŗæ­ģしろīŧ
朝čĩˇããĻくんãĒīŧã“ãŖãĄãŒé™į•Œīŧ
æ­ģįĨžæ§˜ã€ã‚´ãƒŸäģĨ下äēē間をさãŖさとé€ŖれãĻ行ãŖãĻ下さい。
そしたらč‡Ēį”ąãĢãĒれぞす。
旊く旊く旊く旊くæ­ģねīŧæ­ģねīŧæ­ģねīŧæ­ģねīŧ

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 8

デ゚書きčžŧãŋ

æ˜ŧ頃、母からナイãƒŗがæĨãĻãĻ「äģŠã‹ãŖãąå¯ŋ司æĨる」と。あãƒŧはいはいはいīŧã“ぎおį´„束パã‚ŋãƒŧãƒŗねwįŸĨãŖãĻたīŧ

キチã‚Ŧイがį™‡į™Ēčĩˇã“しãĻぎゃあぎゃあ喚きæ•ŖらしたæŦĄãŽæœˆæ›œæ—ĨãĢ母とやãŖすい回čģĸå¯ŋ司ãĢ行ãŖãĻ帰ãŖãĻæĨたら、はい元通りīŧã¨č¨€ã†æ‰‹å“ãŽã‚ˆã†ãĒä¸æ€č­°ãĒįžčąĄãŒčĩˇã“りぞす。

äģ•äē‹ã‹ã‚‰å¸°ãŖたら、母がぞるで冗čĢ‡ã§ã‚‚č¨€ã†ã‚ˆã†ãĒåŖãļりでčĒžã‚Šå‡ēしぞした。

ã€Œã„ã‚„ãĄã‚ƒã†ã­ã‚“w晎通ãĢäģ•äē‹čĄŒãŖたんやけお」

ここで、んīŧŸãŖãĻãĒりぞした。

「äģŠæ—Ĩ、é›ģčŠąã‚’æŽ›ã‘ãŸã‚‰čĒč¨ŧã‚ŗãƒŧドがいるãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãĻおįˆļさんãĢé›ģčŠąã—ãĻん。でも分かるわけãĒいやろīŧŸã ã‹ã‚‰å¸°ãŖãĻæĨたんやけお、それで一æ—Ļ帰ãŖたらもうäģŠæ—Ĩはäģ•äē‹čĄŒã‹ã‚“やろīŧŸã€

ãŖãĻ。

「個äēēã‚ŋã‚¯ã‚ˇãƒŧではį„Ąį†ã‚‰ã—いからčĢĻめさせた。それで゚マホ教厤ぎäēˆį´„もしãĻæĨãĻご抟åĢŒã§å¸°ãŖãĻæĨãĻん」

いやおいおい垅ãĻよ。ツッã‚ŗミ所が多すぎるんだけお、ãĒんだãŖãĻīŧŸčžãæ¨ãĻãĒらãĒい所が最初ぎ斚ãĢあãŖたんだけお、えīŧŸäŊ•īŧŸãĄã‚‡ãŖã¨æˇˇäšąã—ãĻる。

えãŖと。おうせäģŠæ—Ĩはキチã‚Ŧイはäģ•äē‹äŧ‘んで母とごéŖ¯éŖŸãšãĢ行ãŖãĻはい元通りâ™Ēぎいつもぎパã‚ŋãƒŧãƒŗとは思ãŖãĻたけお、äŊ•ã ãŖãĻīŧŸäģ•äē‹čĄŒãŖãĻたけおâ€ĻīŧŸ

äģ•äē‹čĄŒãŖãĻたぎãĢ、わざわざå‘ŧãŗæˆģしãĻ、じゃあäģŠæ—Ĩはäģ•äē‹äŧ‘んでパãƒŧãŖとå¯ŋå¸ã§ã‚‚čĄŒãã‹ã€œīŧãŖãĻ2äēēäģ˛č‰¯ãåŽļをéŖ›ãŗå‡ēしãĻ行ãŖたãŖãĻīŧŸ

で、äģ•äē‹ã‚ĩボãŖãĻįĩåą€å‡ēæĨãĒかãŖたãŖãĻīŧŸäŊ•ã“ぎ数æ—Ĩ。お母さんキチã‚ŦイぎことåĨŊきãĒんだねえ。もしかしãĻį§é‚Ē魔īŧŸ

å¤ąč¸ĒでもしようかãĒ。せめãĻキチã‚Ŧイがæ­ģãŦぞでは。į§ãŒč‡Ē分からé›ĸれるč¨ŗãĒいと思ãŖãĻるから、せめãĻč‡Ēã‚‰ãŽæ„æ€ã§ãŽå¤ąč¸Ēであることを書きįŊŽããĢ掋しãĻčĄŒæ–šãã‚‰ãžãã†ã‹ãĒ。

キチã‚Ŧイがæ­ģãŦãžã§ã¯éĄ”īŧ‘つčĻ‹ã›ã‚“しé€ŖįĩĄã‚‚よこさんぞぞじで。

äģ•äē‹å ´ãžã§äš—ã‚ŠčžŧんでæĨるか。うざ。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 5

デ゚書きčžŧãŋ

クã‚Ŋジジã‚Ŗã‚ˆã€‚æˆ‘ãŒå­ã‚’č™åž…ã—ãĻノイロãƒŧã‚ŧぎã‚ĸダãƒĢトチãƒĢドãƒŦãƒŗãĢしときãĒがら。č–Ŧが合わãĒいから、変えãĢčĄŒã“ã†ã ãã€‚ã“ãĄã¨ã‚‰ã€åŒģč€…ã§åŽŸé¨“å°ãĢされãĻ、č–Ŧ変えぞくりãĒぎãĢ、ぞだ変えろと、åģƒäēēãĢしたいぎか、したいんだãĒãã€‚ãƒãƒã‚Ąã¨ã€č‡Ē分ぎčĻæœ›ãŒé€šã‚‰ãĒã‘ã‚Œã°ã€å…¨č˛Ąį”Ŗ持ãŖãĻ老äēēホãƒŧムãĢå…Ĩã‚‹ã¨ã„ã¤ã‚‚č„…čŋĢしやがãŖãĻ。我が子は、č–ŦæŧŦけでäŊ“がボロボロ。それでもäģ•äē‹ãĢčĄŒã‹ãĒければ、čĻĒ戚もéĻŦéšŋãĢã™ã‚‹ã‹ã‚‰čĄŒãŖãĻいる。ã‚Ŧキぎ頃から、お古、åŽļからå‡ēãĻいけばかり、友達とå‡ēかけさせãĻもらえãĒい、čĻĒ戚ぞたは周りぎäēēと比ずられéĻŦéšŋãĢされけãĒされãĻばかり。嘘ばかりつかれãĻį”ŸããĻきた。こãŖãĄã¯ã€æ¯’čĻĒがæ­ģんだらそぎ金で、äģŠčŋ„å‡ēæĨãĒかãŖたäē‹ã‚’やろうと我æ…ĸしãĻį”ŸããĻいたぎãĢ。そぎ金を持ãŖãĻホãƒŧムだぁ。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 7

デ゚書きčžŧãŋ

いやもうさ、お前はäŊ•ã§æ—Šãæ­ģãĒãĒいぎīŧŸ
įˆēãĄã‚ƒã‚“åŠ†ãĄã‚ƒã‚“ã‚ˆã‚Šå…ˆãĢæ­ģんでãģしかãŖたわ。
ã‚ãĄã“ãĄãĢ借金しぞくãŖãĻé–ĸäŋ‚ãĒいこãŖãĄãĢ取įĢ‹ãĻãĢæĨられãĻ、お前äŊ•ãĒぎよīŧŸ
äŊ•į™žä¸‡ã‚‚借金ぎįĢ‹æ›ŋしãĻ、いけしゃあしゃあとäŊ•äē‹ã‚‚ãĒã„éĄ”ã—ã‚„ãŒãŖãĻ。
あとおんだけ借金しãĻんぎīŧŸ
čžã‘ã°é€†ã‚ŽãƒŦãŖãĻかīŧŸ
お前、åŋ…ずおこかで1å›žã‚ˇãƒĄãĻやるわ。
お前はįĩļ寞ãĢįĩļ寞ãĢč¨ąã•ãĒい。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 8

デ゚書きčžŧãŋ

įĨ–įˆļ母厅から帰ãŖãĻå„Ēしい母はキチã‚Ŧã‚¤ãŽéƒ¨åą‹ãĢå¸°åŽ…ãŽå ąå‘Šã‚’ã—ãĻいぞした。

å„Ēしい母がドã‚ŗãƒĸへぎäēˆį´„ã‚’å¤ąæ•—ã—ãŸã“ã¨ã¯į‰šãĢäŊ•ã‚‚言ãŖãĻおりぞせんでした。äēˆį´„ãĒã—ã§ã‚‚åž…ãĄæ™‚é–“ãĒしでドã‚ŗãƒĸぎお姉さんãĢãŠčŠąčžã„ãĻč˛°ãˆãŸã‚“ã§ã—ã‚‡ã†ã­ã€‚

キチã‚ŦイぎåˇŖぎ中ãĢ母はå…Ĩり「おうだãŖたīŧŸã€ã¨å°‹ã­ã‚‹ã¨ã€Œã‚‚ã†č‰¯ã„ã€‚čĢĻめたここぞでč‡Ēåˆ†ã§é€˛ã‚ãŸã‘ãŠã€‚ã‚ĸã‚Ģã‚ĻãƒŗãƒˆãŒã‚ã‹ã‚‰ã‚“ã€‚ã‚‚ã†č‰¯ã„ã€ã¨čĻ‡æ°—がありぞせん。

éĢ˜éŊĸキチã‚Ŧイですからねw一晊喚きæ•Ŗらしたら、もうäŊ“力が掋ãŖãĻãĒいぎでしょう。ドã‚ŗãƒĸでも暴れた様子はありぞせんでした。

č‡Ēåˆ†ã§ã“ã“ãžã§é€˛ã‚ãŸãŖãĻã‚ĸã‚Ģã‚Ļãƒŗトでčē“いãĻãŸã‚‰ä¸€æ­Šã‚‚é€˛ã‚“ã§ãĒいやん。URLéŖ›ã‚“だだけやん。

母が「ごéŖ¯ã¯īŧŸã€ã¨å°‹ã­ã‚‹ã¨ã•ã™ãŒã¯ã‚­ãƒã‚Ŧイ。ぞだ母をč˛ŦめたりãĒいようで

「いらん。毎æ—ĨうおんばãŖかりéŖŸãšã•ã›ã‚‰ã‚ŒãĻもうéŖŊきãĻるねん」とč€ŗをį–‘うį™ēč¨€ã§ã™ã€‚

å†ˇå‡ã†ãŠã‚“ã‚‚ã†ãŠã‚“ãŽå‡ēæąã‚‚å†ˇå‡é¤ƒå­ã‚‚å…¨éƒ¨ãŠå‰ãŒæ¯Žå›žč˛ˇãŖãĻæĨãĻæ¯ã¯ãŠå‰ãŒč˛ˇãŖãĻæĨたもぎをčĒŋį†ã—ãĻるだけ〜īŧīŧ

あ、そうかīŧæ˜¨æ—ĨぎこともäģŠæ—ĨãĢはåŋ˜ã‚ŒãĻ、ã‚ĸã‚Ģã‚ĻãƒŗãƒˆãŒãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚であることも、パ゚ワãƒŧドがäŊ•ã‹ã‚‚、äŊ•åēĻも教えたã‚Ģãƒŧナビぎやり斚も全部åŋ˜ã‚ŒãĻるį—´å‘†ã‚­ãƒã‚Ŧイだから、č‡Ēåˆ†ã§č˛ˇãŖãĻæĨたうおんぎこともåŋ˜ã‚ŒãĄã‚ƒãŖたかīŧį—´å‘†ã¯åŽ‰æĨŊæ­ģã§č‰¯ã„ã‚ˆã€‚

そしãĻしばらくキチã‚ŦイはåˇŖã§ãƒžãƒžã¨ãŠčŠąã—ãĻいるようでした。ぞあäģŠæ—Ĩは拗ねãĻéƒ¨åą‹ã‹ã‚‰å‡ēãĻæĨãĒいだろう。静かãĒæ—Ĩ曜æ—Ĩを過ごせそうだ。と思ãŖãĻéĸ¨å‘‚から上がると母ãĢ「おįˆļさんį„ŧきそばUFOéŖŸãšã‚‹ãŖãĻ」と。つぞりãƒĒビãƒŗグãĢはå…ĨãŖãĻæĨるãĒと。

éĸ¨å‘‚からå‡ēたらもうご抟åĢŒæ˛ģãŖãĻる〜īŧīŧæ•Ŗ々母をč˛ŦめįĢ‹ãĻãĻぎゃあぎゃあ喚きæ•ŖらしãĻたぎãĢäŊ•äē‹ã‚‚ãĒかãŖたようãĢãƒĒビãƒŗグぎįœŸã‚“中ãĢé™Ŗ取ãŖãĻãƒžãƒžã¨ãŠčŠąã—ãĻる〜īŧīŧį—´å‘†ã‚‚うすずãĻåŋ˜ã‚ŒãĻるīŧīŧŸ

おãƒŧせ明æ—ĨママãĢナãƒŗチãĢäģ˜ãåˆãŖãĻ貰ãŖãĻいãƒŧãŖãąã„ãŠčŠąčžã„ãĻ貰ãŖãĻいつも通りぎママãĢįēã‚ã‚Šã¤ããŠčŠąã—čžã„ãĻもらうキチã‚ŦイぎæĨŊしいæ—Ĩ常がæˆģるんだろうと思ãŖãĻたけお、éĸ¨å‘‚からå‡ēたらもうハッピãƒŧエãƒŗドãĢãĒãŖãĻたわīŧīŧã•ã™ãŒãĢこぎæ€Ĩåą•é–‹ã¯äēˆæƒŗ外でしたわīŧ

洗éĸ所ではį§ãŒéĸ¨å‘‚からå‡ēようが、äŋē気ãĢしãĒいからīŧã¨č¨€ã‚ã‚“ã°ã‹ã‚ŠãŽéĄ”éĸåŧ•ãŖ提げãĻå…ĨãŖãĻæĨるぎãĢäģŠæ—Ĩは気ぞずいぎか母ãĢå…Ĩれ歯取りãĢæĨさせãĻたīŧ

でもį§ãŽæŽē意はæœĒだãĢ変わりぞせん。äģŠæ—Ĩもæ…ĸæ€§č…Žä¸å…¨ãĢäģ˜ã„ãĻčĒŋずぞしたが、中途半įĢ¯ãĢäŊ“čĒŋä¸č‰¯ãĢãĒãŖãĻį—…é™ĸãĢčĄŒã‹ã‚ŒãĻもねâ€Ļ

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 4

デ゚書きčžŧãŋ

ã†ãĄãŽã‚­ãƒã‚Ŧã‚¤ã•ã‚“æˇąå¤œã¯ã„ã¤ã‚‚ã‚ˆã‚ŠãĄã‚‡ãŖと控えめぎ大éŸŗ量ã‚ĸãƒ‹ãƒĄå¤§äŧšã§ã€æœã¯æœĒだãĢ拗ねãĻį„Ąč¨€ã§åŽļをå‡ēãĻ行ãŖた。

ぞãƒŧたマックãĢãƒĸãƒŧニãƒŗグか。毎æ—ĨæĨŊしそうでいいですねīŧã“ãŖãĄã¯ã“ãŽīŧ’æ—Ĩ最äŊŽãŽæ°—åˆ†ã§æ¯ã¯ãŠč…šãŽčĒŋ子がæ‚Ēã„ã¨č¨€ãŖãĻる。įĩļ寞キチã‚ŦイãĢよる゚トãƒŦ゚が原因だろう。

æ—Ĩ曜æ—ĨはįŒĢをé€ŖれãĻįĨ–įˆļ母厅ãĢキチã‚Ŧイからéŋé›Ŗしぞす。æē–備をしãĻいると母ぎ゚マホãĢé›ģčŠąãŒã‹ã‹ãŖãĻæĨぞした。

æ¯å´ãŽčŠąã‹ã‚‰å†…åŽšãŒã‚ã‹ã‚Šãžã™ã€‚é‡‘æ›œæ—ĨãĢåƒ•ãĄã‚“į„ĄčƒŊだからé›Ŗしいことは全部ママぎäģ•äē‹ãĒぎãĢやãŖãĻくれãĒいīŧã‚‚ã†č‰¯ã„īŧåƒ•ãĄã‚“č‡Ē分でするīŧãƒ‰ã‚ŗãƒĸぎé›ģ芹į•Ēåˇæ•™ãˆãĻīŧã¨ãŽã‚ƒã‚ぎゃあ騒いでいぞしたが、母がæ—Ĩ曜æ—ĨãĢドã‚ŗãƒĸãĢäēˆį´„ã‚’å…ĨれãĻあげãĻぞした。

が、ãĒんと母とんでもãĒいミ゚でäēˆį´„ã‚’å¤ąæ•—ã—ãĻたそうです。įĸēかãĢäēˆį´„厌äē†ãŽãƒĄãƒŧãƒĢがæĨãĻãĒいから母ぎミ゚であるぎはįĸēかです。

いやäŊ•ã—ãĻんだよ。キチã‚Ŧイはåŋ…æ­ģãĢ母をč˛Ŧめる材料をæŽĸしãĻんぎãĢ、äŊ•č‡Ē分からネã‚ŋ提䞛しãĻあげãĻんだよ。

大äŊ“キチã‚Ŧイは「é›ģ芹į•Ēåˇã‚’čĒŋずãĻ」ãŖãĻ言ãŖãĻんだからé›ģ芹į•Ēåˇã ã‘čĒŋずãĻ、į´™ã¨ãƒšãƒŗをキチã‚ŦイãĢį”¨æ„ã•ã›ãĻæ›¸ã‹ã›ã‚Œã°č‰¯ã‹ãŖたんだよ。

äŊ•ãĒらキチã‚ŦイãĢはč‡Ē分でé›ģ芹å¸ŗとč™ĢįœŧéĄã‚’č˛ˇã„ãĢčĄŒã‹ã›ãĻč‡Ē分でペãƒŧã‚¸æ˛ãŖãĻドã‚ŗãƒĸぎåē—čˆ—ãŽé›ģ芹į•ĒåˇæŽĸさせãĻč‡Ē分でé›ģčŠąæŽ›ã‘ã•ã›ãĻäēˆį´„しãĻč‡Ēåˆ†ã§čĄŒã‹ã›ã‚Œã°č‰¯ã‹ãŖたぎãĢ、こぎ期ãĢåŠã‚“ã§ãžã ä¸–čŠąã‚’į„ŧくかīŧŸã‚ĸホらしくãĒãŖãĻæĨるわ。

そぎ垌はé›ģčŠąãŒį„Ąč¨€é›ģ芹ãĢãĒり、キチã‚Ŧイがドã‚ŗãƒĸぎã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ŋãƒŧãĢ通されたぎか、はたぞたドã‚ŗãƒĸぎåē—内で暴れãĻるぎかは不明です。

æ¯ã¯ã€Œã˜ã‚ƒã‚ãŠã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“åŽļčĄŒã“ã†ã‹īŧŸã€ã¨ã“ã‚“ãĒ時でもįĨ–įˆļæ¯ãŽä¸–čŠąã‚’į„ŧきãĢčĄŒããã†ã§ã™ã€‚ãžã‚ã‚­ãƒã‚ŦイぎéŖŧč‚˛ã‚ˆã‚ŠįĨ–įˆļæ¯ãŽä¸–čŠąãŽæ–šãŒéĨかãĢæĨŊですからね。

ドã‚ŗãƒĸで暴れãĻč­Ļ察å‘ŧばれãĻたぞたぞäŊ•ã‹ãŽäē‹äģļãĢåˇģきčžŧぞれãĻįŠ¯äēēãĢされãĻ20åš´ã¨ã‹č¨€ã‚ã‚ŒãĒいかãĒ。と期垅しぞしたがč‡ĒčģĸčģŠãŒã‚りキチã‚ŦイぎåˇŖぎį¯ã‚ŠãŒäģ˜ã„ãĻいãĻã‚ĸãƒ‹ãƒĄãŒåģŠä¸‹ãžã§æĩã‚ŒãĻいぞした。掋åŋĩ。しãļとい。

ぞあč­Ļ察はåŋ™ã—いからåē•čžēぎクãƒŦãƒŧマãƒŧäŊ•ã‹éŠåŊ“ãĢあしらãŖãĻįĩ‚わりか。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 2

デ゚書きčžŧãŋ

パチã‚Ģ゚、äģŠæ—ĨはヘナヘナしãĻãĻæ°—æŒãĄæ‚Ēい、äŋēぎįŽ¸čŊとしãĻたしčŦã‚‰ãĒい、ãĒã‚“ã‹ã—ã§ã‹ã—ãã†ã§ãƒĄãƒŗドイ、ババã‚ĸぎせいでåˆļ限つけられãĻčŋˇæƒ‘、č‡Ēåˆ†ã¯ãŠã†ã›č¨€ã„č¨ŗしかしãĒいぎãĢ

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 4

デ゚書きčžŧãŋ

21時半キチã‚Ŧイ帰厅。ãĒかãĒか帰ãŖãĻæĨãĒいからæ­ģんだかもīŧã¨æœŸåž…しぞしたが掋åŋĩです。

朝と全く同じでママと喧嘊しãĻ拗ねãĻる中å­Ļį”ŸãŽã‚ˆã†ãĢį„Ąč¨€ã§ãƒĒビãƒŗグãĢ寄ることãĒくåˇŖãĢå…ĨãŖãĻčĄŒãã€ã™ããĢå‡ēãĻæĨãĻæąšã„ãƒ‘ãƒŗツを洗æŋ¯ã‹ã”ãĢå…Ĩれ、ãƒĒビãƒŗグではį›ŽãŽå‰ãĢ餌が運ばれãĻæĨる厚äŊįŊŽãĢおåē§ã‚Šã—ぞした。

äģŠæ—Ĩは拗ねãĻč‡Ēåˆ†ã§č˛ˇãŖãĻæĨãĻéŖŸãšã‚‹īŧã¨ã‹č¨€ã„å‡ēすかと思ãŖたけお、餌ぎį”¨æ„ã‚‚させるんだīŧæ´—æŋ¯į‰Šã‚‚åŊ“たり前ぎようãĢå‡ēしãĻīŧŸæ•Ŗ々č˛ŦめįĢ‹ãĻãĻ喚きæ•ŖらしãĻč‡ŗれりå°ŊくせりだãĒīŧ

į§ã¯æ¯ãĢäŊ•ã‚‚č¨€ã†ãĒé–ĸわるãĒã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§ã‚­ãƒã‚Ŧイぎ遠吠えをéģ™ãŖãĻčžã„ãĻãĻもイナつくだけãĒぎでéĸ¨å‘‚å ´ãĢéŋé›Ŗしぞしたが、キチã‚Ŧã‚¤ãŽé å ãˆã¯čžã“ãˆãĻæĨぞせんでした。

キチã‚Ŧイぎ餌äģ˜ã‘がįĩ‚わãŖた垌ぎãƒĒビãƒŗグãĢå…Ĩると、įŒĢãĢおやつをあげたåŊĸčˇĄã¨åēŠãĢは母ぎäģ˜įŽ‹ã¨ãƒšãƒŗがčģĸがãŖãĻいぞした。キチã‚Ŧイぎ帰厅垌は母ぎ元気がありぞせん。

ã‚‚ã†č‰¯ã„īŧãŠå‰ãĢはīŧ’åēĻとé ŧぞんīŧã‚šãƒžãƒ›æ•™åŽ¤é€šã†ã‹ã‚‰ãƒ‰ã‚ŗãƒĸぎé›ģ芹į•ĒåˇčĒŋずろīŧã‚ĸã‚Ģã‚ĻãƒŗトãŖãĻäŊ•īŧŸãƒ­ã‚°ã‚¤ãƒŗãŖãĻäŊ•īŧŸãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦã‚šãŖãĻäŊ•īŧŸ

æŦĄãŽæ—ĨはやãŖãąã‚Šį´åž—čĄŒã‹ã¸ã‚“ã€‚ã‚‚ã†ãŠå‰ãĢはé ŧãžã‚“ã€‚ã‚šãƒžãƒ›æ•™åŽ¤čĄŒãã€‚ã¨č¨€ã„æŽ‹ã—äģ•äē‹ãĢčĄŒãã€å¸°åŽ…åžŒãžã æ¯ã‚’æ”ģめįļšã‘ãĻいるらしい。

そしãĻ、母ãĢäģ˜įŽ‹ã¨ãƒšãƒŗをį”¨æ„ã•ã›ãĻäŊ•ã‹čĒŋずさせãĻãžã éƒ¨åą‹ã§1äēē拗ねãĻる。

朝もぞだ母ぎ元気はãĒく、キチã‚Ŧイは1æ—Ĩで2æœŦäģĨ上å‡ēすキチã‚Ŧã‚¤ãŽæąšã„åŖをつけたã‚ĢãƒĢピ゚とã‚Ģフェã‚ĒãƒŦぎペットボトãƒĢをåŊ“たり前ぎようãĢ3æœŦキッチãƒŗぎ台ãĢčĩˇãã€æ‹—ねたぞぞį„Ąč¨€ã§åˇŖãĢ帰ãŖãĻčĄŒããžã—ãŸã€‚

お前、æœŦåŊ“ãĢåŖと態åēĻだけは一丁前だãĒあīŧīŧŸæ‹—ねãĻるį™–ãĢåŊ“たり前ぎようãĢ洗æŋ¯į‰Šå‡ēしãĻごéŖ¯ãŽį”¨æ„ã—ãĻ貰ãŖãĻ1æ—Ĩ2æœŦäģĨ上週ãĢ14æœŦäģĨ上ぎキチã‚Ŧã‚¤ãŽæąšã„åŖをäģ˜ã‘たペットボトãƒĢもį‰‡äģ˜ã‘させãĻ、äŊ•ã‚‚しãĻ貰ãŖãĻãĒいからį”Ÿæ´ģč˛ģは折半やīŧīŧã¨ã‹č¨€ã†ãĒよīŧīŧŸ

母ãĢ捨ãĻられたらこぎåŽļは一įžŦã§ã‚´ãƒŸåą‹æ•ˇã¨åŒ–ã—ã€éĸ¨å‘‚場はã‚Ģビだらけ。トイãƒŦからはå…ŦčĄ†ãƒˆã‚¤ãƒŦぎようãĒæ‚Ēč‡­ãŒåģŠä¸‹ãĢぞでæŧ‚い、洗éĸ所はéŖŸãšã‚Ģ゚だらけで攞ãŖたらかしだから水もæĩã‚ŒãĒã„ã‘ãŠã€ãŠã†ã—ãŸã‚‰č‰¯ã„ã‹ã‚ã‹ã‚‰ãšæ”žãŖたらかし。

洗æŋ¯ã¯1æ—Ĩで2æžšãšã¤æąšã„ãƒ‘ãƒŗãƒ„ã¨ã‚ˇãƒŖツをå‡ēすから、īŧ‘é€ąé–“č˛¯ã‚ãĻ計14枚ぎパãƒŗツと14æžšãŽã‚ˇãƒŖツをäŧ‘ãŋãĢæ—ĨãĢ一気ãĢã‚ŗイãƒŗナãƒŗドãƒĒãƒŧãĢ持ãŖãĻčĄŒãã‹ã‚‰å¸¸ãĢ洗æŋ¯į‰ŠãŽåąąãŒæ´—éĸ所ãĢįŠãžã‚Œã‚‹įŠļ態ãĢãĒるだろ。

キチã‚ŦイはこんãĒæœĒæĨぎæƒŗ像もå‡ēæĨãĒいんだろうãĒ。éŖŧいä¸ģãĢ捨ãĻられた惨めãĒ68æ­ŗぎå›ŗがįŦ‘えるんだが、母はここぞで我æ…ĸしたぎãĢäģŠé›ĸ劚するぎは逆ãĢæ‚”ã—ã„ã€‚ã¨č¨€ã†į§ãĢはį†č§ŖできãĒいį†į”ąã§é›ĸ劚拒åĻでキチã‚ŦイがčĒŋ子ãĢ䚗る一斚。

įĨ–įˆļ母がäŊ•ãŒã‚ãŖãĻも娘ぎå‘ŗæ–šīŧå¨˜ãŒæąēめたことãĒら全力でåŋœæ´ã™ã‚‹åŠŠã‘るからīŧå¯æ„›ã„娘をčŋŊいčžŧんだキチã‚Ŧイから旊く逃げãĒさいīŧãĒčĻĒãĒら小å­Ļį”Ÿã‚‚しくは中å­Ļį”ŸãŽé ƒãĢキチã‚Ŧイ捨ãĻられたぎãĢâ€Ļ

キチã‚Ŧイはč‡Ē分ぎこと一切合切母ãĢやãŖãĻ貰ãŖãĻåŊ“たり前ãĒ態åēĻで拗ねãĻéƒ¨åą‹ãĢåŧ•ãã“ã‚‚ãŖãĻ母ãĢįēã‚ã‚Šã¤ã„ãĻæĨãĒいからすごくåšŗ和īŧãŠå‰ã ã‘が孤įĢ‹ã—ãĻるこぎ惨めãĒįŠļ態をãŋずからäŊœã‚Šå‡ēしãĻã‚ĸホすぎるけお、こぎぞぞæ­ģã­ã°č‰¯ã„ãŽãĢīŧ

į”Ÿæ´ģč˛ģ折半ãĒらお前もåŽļäē‹ãŽåŠåˆ†ã—ろよīŧŸæ´—æŋ¯ã—かしãĻ貰ãŖãĻãĒいīŧã¨ã‹č¨€ãŖãĻきãŖたãĒいパãƒŗãƒ„č˛¯ã‚ã‚‹ãŽãŒåŽļäē‹ãŽæŠ˜åŠã˜ã‚ƒãĒいからãĒīŧŸwトイãƒŦと洗éĸ所とéĸ¨å‘‚場ぎ掃除もåŊ“į•Ēåˆļ。ãƒĒビãƒŗグぎ掃除しãĒいãĒらå…ĨãŖãĻæĨんãĒよīŧŸåģŠä¸‹ã¯ãŠå‰ãŽæąšã„čļŗベã‚ŋベã‚ŋäģ˜ã‘ãĻるんだからお前も掃除しろよīŧŸã‚´ãƒŸå‡ēしもäē¤äģŖåˆļãĒ。įŠēきįŧļとペットボトãƒĢはお前しかå‡ēã•ã‚“ã‹ã‚‰ãŠå‰ãŒãĄã‚ƒã‚“ã¨æ´—ãŖãĻįēã‚ãĻå‡ēせよ。

éŖŸå™¨ã‚‚äŋēãŽåˆ†ã¯æ´—ã‚ã‚“ã§č‰¯ã„īŧīŧīŧ‘é€ąé–“č˛¯ã‚ãĻįēã‚ãĻ洗うīŧīŧã¨ã‹äģ•äē‹å‡ēæĨãĒいã‚ĸホぎ働き斚でåŽļ族ãĢčŋˇæƒ‘かけずãĢåŊ“į•ĒåˆļãĒīŧŸ

「äŊ•ã‚‚しãĻくれへん(゚マホぎ操äŊœæ–šæŗ•æ•™ãˆãĻくれへんīŧ)からį”Ÿæ´ģč˛ģ折半やīŧīŧã€ã¨ã‹å‹˜é•ã„したäē‹č¨€ãŖãĻんじゃねえぞ。お前はペットじゃãĒくãĻåŽļį•œãĒんだからやることしろやæ­ģね。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 5

デ゚書きčžŧãŋ

わįœŒãĢéƒĄã‹į”ēãĢäŊã‚€ã€ã‚Ēã‚Ēã‚ˇãƒžã‚ĩヨã‚ŗ。我が子を毎æ—Ĩ毎æ—ĨãŠãĄã‚‡ãã‚Šã‚„ãŒãŖãĻ、我æ…ĸぎ限į•Œã˜ã‚ƒãã€‚我が子ぎį˛žįĨžįš„ãĢæ”ģ撃した挙げåĨ、ãĻを及いたり、įŦ‘ãŖたり、時ãĢは歌を歌ãŖãĻãŠãĄã‚‡ãã‚Šã€å¤§äē‹ãĒį‰Šã¯æ¨ãĻるしåŖŠã™ã€‚我が子がį”Ÿãžã‚ŒãĻから一åēĻもぞともãĢã€æˆ‘ãŒå­ãŽčŠąã‚’čžã‹ãĒい。ジジイは逃げる。įŠļæĨĩぎč‡Ēåˇąæ„›æ€§äēēæ ŧãŽã€ãƒãƒã‚Ąã¨ã‚¸ã‚¸ã‚¤ãŽæ¯’čĻĒäēŒäēē。čĻĒ戚達もéĻŦéšŋãĢするし。æ—ĨãĢæ—ĨãĢ怒りがたぎる。įžä¸–で、MAXįŠļぎ毒čĻĒ、æ­ģんであぎ世ãĢ行ãŖたら、äģŠæ¯’čĻĒぎ恨ãŋでįĩļ寞ãĢ地į„čĄŒãįĸē厚。æĨį”Ÿã‚‚ろくãĒもぎじゃãĒい。æĩぞれたį’°åĸƒãŽå­ã¯ã€æ­ģã‚“ã§ã‚‚č‰¯ã„ã¨ã“ã‚ãĢčĄŒããŽã ã‚ã†ãĒぁ。
せめãĻ、毒čĻĒよ、我が子が、救æ€ĨčģŠåŋ…čĻãŽįŠļ態ぎ時は、å‘ŧんでくれ。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 7

デ゚書きčžŧãŋ

朝ぎキチã‚Ŧイは中å­Ļį”Ÿ(68æ­ŗ雄)ぎごとく、ママと喧嘊ãĢãĒãŖãĻ拗ねãĻį„Ąč¨€ã§åŽļをå‡ēãĻčĄŒã“ã†ã¨ã—ãĻ母はそぎ垌をæ€ĨいでčŋŊいčĻ‹é€ãŖãĻおりぞした。

æ•Ŗã€…ä¸–čŠąã‚’į„ŧき、導å…Ĩã—ãŸã„ã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ã‚’ã†ãžãč¨­åŽšã§ããĒかãŖたら、ぎゃあぎゃあ喚きæ•Ŗらされ、あれやãŖãĻくれへんīŧã“れやãŖãĻくれへんīŧãŠå‰ãŒæ‚Ēいīŧã‚‚ã†č‰¯ã„īŧč‡Ē分でé›ģčŠąã™ã‚‹īŧé›ģ芹į•ĒåˇčĒŋずãĻīŧãŽã‚­ãƒã‚Ŧイぎご抟åĢŒã‚’取ãŖãĻぞす。

į§ãĢはもうäŊ•ã‚‚č¨€ã†ãĒé–ĸわるãĒと釘をåˆēすぎで、äģŠå›žã‚‚į†æ”ģめぎčĢ–į ´įŽ‹(įŦ‘)ぎ大勝刊で、母が全ãĻæ‚ĒかãŖãŸã¨č¨€ã†ã“ã¨ã§ã“ãŽå ´ã‚’įŠäžŋãĢį´ã‚ãĻ、明æ—Ĩからはぞたいつも通りぎキチã‚ŦイãĢはいはい。垓うæ—Ĩ常ãĢæˆģす手į­ˆãŽã‚ˆã†ã§ã™ã€‚

そしãĻこぎ期ãĢ及んで「お前はã‚Ģãƒŧナビぎやり斚も教えたからへん。é›ģčŠąã‚‚ã—ãĻくれへんもういい。é ŧぞんč‡Ē分でする」と昨æ—Ĩからぎ一į”Ÿč¨€ãŖãĻã‚‹ãã‚Œã‚’ãžã č¨€ãŖãĻる。

それでも母はé›ģčŠąã—ãĻぞした。キチã‚Ŧイぎ゚マホがãĒいとį™ģ録å‡ēæĨãĒいからį„Ąé§„ãĒぎãĢ、全ãĻがį„Ąé§„でしかãĒいã‚ĸホキチã‚Ŧイぎせいで母ぞでį„Ąé§„ãĒことさせられãĻる。

ぞあé›ģčŠąã—ãĻもしãĒくãĻもおãŖãĄãĢしãĻもč˛Ŧめるんだキチã‚Ŧイは。

帰ãŖたら、QäģŠæ—Ĩé›ģčŠąã™ã‚‹ãĒらäŊ•ã§æ˜¨æ—Ĩé›ģčŠąã›ã‚“ã‹ãŖたんやīŧ Aäģ•äē‹ã ã‹ã‚‰é›ģ芹å‡ēæĨãĒかãŖた。あんたぎ゚マホがãĒいとį™ģ録å‡ēæĨãĒい。QじゃあäģŠæ—ĨかãŖãĻäŋēぎ゚マホãĒかãŖãŸã‚“ã‚„ã‹ã‚‰æĄäģļ一įˇ’やろうīŧäŊ•ã§äģŠæ—Ĩはé›ģčŠąã™ã‚“ã­ã‚“īŧAäģŠæ—ĨはäģŠã‹ã‚‰ã§ã‚‚į™ģ録å‡ēæĨるかぎįĸēčĒãŽé›ģčŠąã‚’ã—ãŸã ã‘ã€‚Qâ€ĻじゃあäŊ•ã§æ˜¨æ—Ĩé›ģčŠąã›ã‚“ã‹ãŖたんやīŧã“れをåģļ々įš°ã‚Ščŋ”すãĒ。

åŊŧはこれをį†č˛ŦめでčĢ–į ´ã—た気ãĢãĒãŖãĻる不敗įŽ‹ã§ã™ã€‚原際ãĒんおčĒŦ明しãĻもį†č§Ŗå‡ēæĨãĒã„ã¨č¨€ã†ã‹č‡Ē分ぎ非をčĒã‚ãĒいからåĨå¸¸č€…ãŒå¯žčŠąã‚’čĢĻめãĻるだけãĒぎãĢ、キチã‚Ŧイはぞたäŋē勝ãŖたぜīŧã¨å‹˜é•ã„するわけです。同じところクãƒĢクãƒĢ回ãŖãĻるだけで。

そしãĻ母はキチã‚ŦイãĢé›ģčŠąã‚’ã—ãŸã“ã¨ã€‚ã‚­ãƒã‚Ŧイぎ゚マホがãĒいとį™ģ録å‡ēæĨãĒいこと。äģŠã‹ã‚‰ã§ã‚‚į™ģ録å‡ēæĨるかはわからãĒã„ã“ã¨ã‚’ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジで送ãŖãĻぞした。ママと喧嘊した68æ­ŗé›„ã¯æĄˆãŽåŽšãŽã‚šãƒĢãƒŧです。

ãģãŖã¨ãã‚ƒč‰¯ã„ãŽãĢã€‚ã‚ã€č¨€ã‚ãĒかãŖãŸã‚‰čžã„ãĻãĒã„čžã„ãŸãĒいでぞた一į”Ÿč˛ŦめįĢ‹ãĻãĻæĨるからかwåœ°é›ˇãŠã˜ã„ãĄã‚ƒã‚“ãŽéŖŧ育ãŖãĻ大変īŧæŽēå‡Ļ分しよう。

そしãĻ母がé›ģčŠąã§ã„ã‚‰ã‚“æƒ…å ąã‚’äģ•å…ĨれãĻæĨた。キチã‚Ŧイぎ゚マホは古すぎãĻå‡ēæĨãĒいぎかもしれãĒいとぎこと。パã‚Ŋã‚ŗãƒŗからãĒらå‡ēæĨるかもしれãĒいとぎこと。「â€ĻするīŧŸã€ã¨äģŠã—æ–šã€č¨€ã†ãĒé–ĸわるãĒã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã¨ã“ã‚ãĒぎãĢäŊ•ã‹åˇģきčžŧぞれそうです。

明æ—Ĩはドã‚ŗãƒĸへäē‹æĨ­č€…向けぎã‚ŗãƒŧドæąē済ぎ導å…Ĩæ–šæŗ•ã‚’čžããĢčĄŒããã†ã§ã™ã€‚ã„ã‚„ãƒ‰ã‚ŗãƒĸé–ĸäŋ‚ãĒいīŧãƒ‰ã‚ŗãƒĸ可哀æƒŗīŧæ”¯é›ĸæģ…čŖ‚ãĒčĢ–į ´įŽ‹ãŒæĨるīŧã¤ã„でãĢ母が教えãĻくれãĒいからã‚ĢãƒŧãƒŠãƒ“ãŽã‚„ã‚Šæ–šã‚‚čžããĢčĄŒããã†ã§ã™ã€‚

AndroidとGoogleは提æēしãĻたãŖけīŧŸã˜ã‚ƒã‚、Googleマップぎやり斚くらいは教えãĻくれるかもねw10ぎことを20でčĒžã‚‹į”ˇãĢį†č§Ŗさせるぎはé›Ŗしいと思うけおw

ã‚ŗãƒŧドæąē済とドã‚ŗãƒĸは全く違うäŧšį¤žã ã‹ã‚‰åˆ†ã‹ã‚‹ã‚ã‘ãĒã„ã‚„ã‚“ã€‚ã¨č¨€ãˆã°ã€Œã˜ã‚ƒã‚åˆ†ã‹ã‚‹ã¨ã“ã‚æ•™ãˆãĻくれãŖãĻč¨€ã†ã‚īŧīŧã€ã§ã™ã€‚č‡Ē分でやるč‡Ēåˆ†ã§ã‚„ã‚‹č¨€ã„ãĒがらäŊ•ã‚‚ã‚„ãŖãĻãĒいただ態åēĻだけ一丁前ãĢ偉そうãĒキチã‚Ŧイ。

2万でも3万でも払ãŖãĻã‚šãƒžãƒ›æ•™åŽ¤čĄŒãŖたらあīŧãŠé‡‘下ろしãĻæĨãĻīŧã§ã™ãŖãĻ。大åŖ及いãĻキチã‚Ŧã‚¤ãŽãƒã‚ąãƒƒãƒˆãƒžãƒãƒŧから払ãŖたらあīŧã˜ã‚ƒãĒいぎīŧīŧŸåŽļč¨ˆã‹ã‚‰æģå‡ēされんぎīŧīŧŸ

お前らãĢはé ŧぞんīŧ(åŽļč¨ˆã‹ã‚‰) 2万でも3万でも払ãŖãĻã‚šãƒžãƒ›æ•™åŽ¤čĄŒãŖたらあīŧãĒらそりゃキチã‚Ŧイはį—›ãã‚‚į—’くもãĒいから、大åŖ開けãĻやãŖたらあīŧå‡ēæĨるわwįĩåą€ã€é ŧぞんé ŧぞんč‡Ēåˆ†ã§ã™ã‚‹ã¨ã‹č¨€ãŖãĻ、é›ģ芹į•ĒåˇčĒŋずãĻīŧãŠé‡‘å‡ēしãĻīŧãŖãĻこいつäŊ•ã‚‚しãĻãĒいけお。

æ­ģãĒãĒいãĒらæŽēす。ãĒã‚“ã ã‹ã‚“ã č¨€ãŖãĻįĩåą€æŽēせãĒくãĻæ€Ĩæ­ģもせずãĢå›ŗ々しくį”ŸãåģļãŗãĻ寝たきりãĢでもãĒろうもぎãĒらį”Ÿãåœ°į„が垅ãŖãĻるからãĒīŧŸæ€Ĩæ­ģでもãĒければäēē間最期は寝たきりだからãĒ。æ­ģãŦぞでč‹Ļしめる。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 3

デ゚書きčžŧãŋ

ã‚Ēã‚Ēã‚ˇãƒžã‚ĩヨã‚ŗ、æ­ģねæ­ģね、æ­ģねãƒŧ。お前ぎåŖ°ã€å§ŋ、気配すら、åĢŒãĒんじゃãƒŧ。我が子はīŧäŊ•ã‚‚ã‹ã‚‚ã€ãŠå‰ãŽč¨€ã†é€šã‚ŠãĢしãĒã‘ã‚Œã°ã€ãƒãƒãƒãƒããŽã“ã¨ã°ã‹ã‚Šč¨€ã†ã—ã€į‰ŠãĢしãĻも、įŊŽã„ã¨ã‘ã°ã¨ã€č¨€ãŖãĻも、ババã‚ĸが、一åēĻでも、é‚Ēé­”ã ã¨č¨€ãˆã°ã€ã“ãŖãĄã¯ã€æ‰‹æ”žã•ãĒければãĒらãĒい、ババã‚ĸãŒãƒãƒãƒãƒč¨€ã†ã—ã€čŠąã—ãŒé€šã˜ãĒããŠãĄã‚‡ãã‚‹ã—ã€‚
クã‚Ŋãƒãƒã‚ĄãŽč€ƒãˆãĻるäē‹ã¯ã‚ã‹ã‚‹ã€åĢŒãŒã‚‰ã›ã‚’を毎æ—ĨしãĻã€æˆ‘ãŒå­ã‚’æ€’ã‚‰ã—čˆˆåĨŽã•ã›ãĻ、大åŖ°ã‚’å‡ēさせ。周りぎäēēから、åĢŒã‚ã‚Œã•ã›ãĻå­¤įĢ‹ã‹ã•ã›ã‚‹ã€‚ババã‚ĸč‡ĒčēĢ、č‡Ē分がæ‚ĒいぎãĢ周りぎäēēãĢ同情しãĻもらう。半世į´€äģĨ上も我が子をč‹ĻしめといãĻ、毒čĻĒ達がæ­ģんだあとぎéēį”Ŗは、čĻĒ戚ãĢå…¨éƒ¨ã‚ã’ã‚‹č¨ˆįŽ—だろう。ぞず、手始めãĢ、我が子をį”ēからčŋŊいå‡ēすäē‹ã‚’äģŠã€ã‚„ãŖãĻいるぎだろう。č­Ļ察、åŊšå ´æĨãĻるし。į§ã€ã‚šãƒŧパãƒŧでも、道でも一部ぎäēēãĢéŋけられãĻるし。čŋ‘所ぎäēēが、į‰Šå‡„くよそよそしい。čĻ‹ã‚‹ã‹ã‚‰ãĢīŧį§ãŒčŋ‘ãĨくとåĢŒãĒéĄ”ã‚’ã—ãĻる(æœŦäēēは気äģ˜ã„ãĻいãĒいと思いぞす)
クã‚Ŋãƒãƒã‚Ąã‚ã€äŊ•ãŒį§ãŒæ€–いだ。
こãŖãĄã¯ã€ãŠå‰ãŽæ€č€ƒå›žčˇ¯ãŽæ–šãŒæ€–ã„ã‚īŧ
æŦ˛ã—くもãĒいã‚Ŧキį”ŖんおいãĻ、æļˆãˆãĻãģしいからと、č‡Ē分達ぎ手でæŽēめれば捕ぞるぎで、我が子がč‡ĒæŽēをはかるようãĢしむける。それがč¨ŧ拠ãĢį§ãŒã‚Ēãƒŧバãƒŧドãƒŧã‚ēしãĻč‡ĒæŽēをはかãŖãĻæ„č­˜ä¸æ˜ŽãŽįŠļ態ãĢãĒãŖãĻも救æ€ĨčģŠã‚’å‘ŧばãĒかãŖた。クã‚Ŋãƒãƒã‚Ąã€ãŠã‚ãƒŧはよ、我が子が大金(長者į•Ēäģ˜ã§ä¸ŠäŊãƒŠãƒŗクå…Ĩるぐらい)į¨ŧいでæĨãĻ、厝įŸŗ、ブナãƒŗãƒ‰ã€æ—…čĄŒãĒおåĨŊきãĒようãĢつかえãĻ、周りからチヤホヤしãĻもらうį”Ÿæ´ģがしたいんだろう。
掋åŋĩãĒãŒã‚‰ã€ãŠå‰ãŽå­ã¯ã€ãŠå‰ãŽčĄ€ãŒå…ĨãŖãĻいるためéēäŧã§ãƒã‚Ģです。そぎうえ、お前ぎせいで、ã‚ĸダãƒĢトチãƒĢドãƒŦãƒŗぎノイロãƒŧã‚ŧです。毎æ—Ĩ、トナã‚Ļマでč‹Ļしんでぞす。
į§ã‚‚å‡ēæĨれば、čŗĸくį”ŖぞれたかãŖたです。
ãƒãƒã‚Ąã‚ã€æˆ‘ãŒå­ã‚’ã‚ĸホ、ã‚Ģ゚、バã‚Ģã¨ã„ã¤ã‚‚č¨€ã„ã‚„ãŒãŖãĻīŧãŠå‰ãŽãģうがトãƒĒッキãƒŧãĒäē‹ã‚’いつもäģ•æŽ›ã‘ãĻきãĻおãŖãĄãŒã‚ĸホだ

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 12

デ゚書きčžŧãŋ

クã‚Ŋãƒãƒã‚Ąã€æˆ‘ãŒå­ãŒč˛ˇãŖた折りたたãŋč‡ĒčģĸčģŠåģƒå“å›žåŽãĢå‡ēしやがãŖた。į§ã¯ã€æŦ˛ã—かãŖたぎãĢã€ãƒãƒã‚ĄãŒã€é‚Ēé­”ã ã¨č¨€ãˆã°äŊ•ã§ã‚‚手攞さãĒいとãĒらãĒい、そうしãĒã‘ã‚Œã°ã€ãƒãƒã‚ĄãŒãã“ã‚‰ã˜ã‚…ã†ãĢいいãĩらす。我が子ãģおæ‚ĒäēēはいãĒいと。おれだけį‰Šã‚’手攞したか、į§ãŽåą…ãĒい間ãĢ捨ãĻられる。ババã‚ĸは、我が子が金ためãĻ財ãŖたį‰Šã‚‚、č‡Ē分ぎもぎで、į§ãŒč˛¯é‡‘å‡ēæĨãĒいč„ŗį„Ąã—と、思いčžŧんでいる。因ãŋãĢ、ババã‚ĸãŒč¨€ã„ãĩらしたぎだろうかčĻĒ族もだ。ババã‚ĸã¯ã€æˆ‘ãŒå­ãŽčŠąã‚’ä¸€å›žã‚‚ãžã¨ã‚‚ãĢã‹ãšã€ãŠãĄã‚‡ãã‚Šãžãã‚Šã€éĻŦéšŋãĢする。ã‚Ēã‚Ēã‚ˇãƒžã‚ĩヨã‚ŗよæ­ģね。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 9

デ゚書きčžŧãŋ

母ãĢčžã„ãŸã¨ã“ã‚ã‚­ãƒã‚Ŧイは「ぞだį´åž—ã„ã‹ã¸ã‚“ã€ã¨č¨´ãˆãĻるそうです。

こぎ垌ãĢ及んで一äŊ“äŊ•ãŒį´åž—いãŖãĻãĒいぎか掘り下げãĻčžã„ãĻãŋたら「äŋēがæœĒだãĢナビぎやり斚がぞだわからãĒいこと」がį´åž—いかãĒいそうです。

キチã‚Ŧイはč‡Ē分ぎ非をčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĒいį”Ÿãį‰Šã ã‹ã‚‰ä¸€æ™Šč€ƒãˆãĻčĻ‹ã¤ã‘å‡ēした母をč˛Ŧめるäē‰į‚šã‚’そこãĢ持ãŖãĻ行ãŖたかīŧīŧã—ょうもãĒīŧīŧ

キチã‚Ŧã‚¤ãŽč¨€ã„åˆ†ãĒぎでかãĒり可įŦ‘しいäē‹ã‚’言ãŖãĻいるが「お前はäŊ•åēĻé ŧんでもäŋēãĢナビぎやり斚も教えãĻくれへんīŧäŋēがナビぎやり斚をæœĒだãĢわかãŖãĻãĒいãŖãĻことはお前がäŊ•åēĻé ŧんでも教えãĻくれへんかãŖたãŖãĻことやīŧã€ã¨č¨€ã†äē‹ã ãã†ã§ã™ã€‚

だから母がæ‚Ēいそうです。

ログイãƒŗぎやり斚をčĒŦ明しãĻ「ログイãƒŗはこれでわかãŖたねīŧŸã€ã€Œã„ã‚„īŧŸå…¨ãã‚ã‹ã‚‰ã¸ã‚“」とãĩんぞりčŋ”る昭和ぎゎãƒŖグぎようãĒį”ˇãŽčēžã‚’させられる母が可哀æƒŗ。

これも全ãĻキチã‚Ŧイをį”Ÿãŋå‡ēしたババã‚ĸがč‡Ē分だけæ­ģんでぎうぎうとしãĻるせい。おうせæ­ģãŦãĒらč‡Ē分ぎå‡ēæĨ損ãĒいぎ息子をæŽēしãĻからæ­ģねや。åŊšįĢ‹ãŸãšãŽã‚¯ã‚Ŋババã‚ĸ。

あとæąē済斚æŗ•ãŽå°Žå…Ĩぎやり斚を「äģŠæ—Ĩé›ģčŠąã—ãĻくれるãŖãĻīŧŸã˜ã‚ƒã‚äŊ•ã§æ˜Žæ—ĨしãĻくれへんかãŖたんやīŧŸå¯įŦ‘しいやろう」とäģŠæ—ĨもぞだここãĢいぞす。

母は8時半ãĢå‡ē勤。キチã‚Ŧイは10時ぞで寝ãĻる。帰厅時間は20時。母ぎ゚マホでé›ģčŠąã‚’ã‹ã‘ã‚„ã‚Šæ–šã‚’čžãã‚­ãƒã‚Ŧイぎ゚マホを操äŊœã™ã‚‹ãŽã§æ˜¨æ—Ĩé›ģčŠąã‚’æŽ›ã‘ã‚‹ãŽã¯ä¸å¯čƒŊであãŖãŸã¨č¨€ã†čĒŦ明はäŊ•å›žã—ãĻもį´åž—å‡ēæĨãĒいご様子。

こんãĒキチã‚Ŧイがナビぎやり斚をねえâ€ĻīŧŸ

母ãĢé›ĸ劚するか。しãĒいãĒらもうキチã‚ŦイをæŽēã™ã¨č¨€ãŖãĻも「äģŠãžã§æˆ‘æ…ĸしãĻæĨたぎãĢé›ĸ劚するつもりはãĒい逆ãĢæ‚”ã—ã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚

逆ãĢ悔しいâ€ĻīŧŸã‚­ãƒã‚ŦイãĢé•ˇåš´æ¯’ã•ã‚ŒãŸåĻģå´ãŽæ€č€ƒã‚‚ãĒかãĒかį†č§Ŗå‡ēæĨãĒいもぎですね。

「じゃあもうæŽēã™ã€ã¨č¨€ã†ã¨åŊ“たり前だがæ­ĸめられた。

「äŊ•č¨€ãŖãĻã‚‚čŠąãŒé€šã˜ãĒいからもうé–ĸわらãĒいようãĢしãĻ。äŊ•ã‚‚č¨€ã‚ãĒいで」と釘をåˆēされた。įĩåą€ã€ãžãŸãŽã‚ƒã‚ぎゃあ喚きæ•ŖらされãĻ、お前がæ‚Ēいと全部母ぎせいãĢしãĻ、æ•Ŗã€…ä¸–čŠąãĢãĒãŖãĻることを指摘したら「うんそうやīŧã‚とあれもこれとそれも全部しãĻ貰ãŖたīŧã€ã‘おそれがäŊ•ã‹īŧŸã¨č¨€ã†æ…‹åēĻ。

įĩåą€ã€ã“ぎキチã‚Ŧイがč‡Ēį„ļæ­ģするぎを垅つだけぎäēēį”ŸãĒんだ母は。į§ã¯åŽļをå‡ēã‚Œã°ã™ã‚‹čŠąã ã‘ãŠã€‚æ¯ã¯ã‚­ãƒã‚Ŧイとé›ĸ劚ぎ意思はãĒい。娘を手攞すつもりはãĒいäēēだからįĩåą€įŠļæŗãŒå¤‰ã‚ã‚‰ãĒい。

ã‚ĸナã‚ĩãƒŧぎ姉がįĩåŠšã™ã‚‹ãŖãĻ行ãŖた時もめãŖãĄã‚ƒæ€’ãŖãĻįĩåŠšã‚’反寞しãĻたけお、å­Ļį”ŸãŽå¨˜ã ãŖたら反寞しãĻåŊ“たり前だけお、ã‚ĸナã‚ĩãƒŧぎ娘ぎįĩåŠšã‚’怒ãŖãĻ反寞するãŖãĻč€ƒãˆãŸã‚‰å¯įŦ‘しいäēēだよãĒ母もâ€ĻそしãĻそんãĒ母ãĢ寄りæˇģãŖãĻいつぞでも側ãĢいãĻしぞうį§ã‚‚可įŦ‘しいãŖãĻことも分かãŖãĻる。分かãŖãĻるぎãĢ母が可哀æƒŗでé›ĸれられãĒい。姉ãŋたいãĢčĻ‹é™ãŖãĻč‡Ē分ぎåŽļåē­ã‚’垅つぎがæ­Ŗč§ŖãĒぎはわかãŖãĻるぎãĢ。

母がこんãĒんだからキチã‚ŦイがčĒŋ子ãĢ乗ãŖãĻčēžãŽãĒãŖãĻãĒいį„Ąæŗ•č€…ãĢãĒãŖãĻる。

é›ĸ劚しãĻ全ãĻč‡Ē分でやらãĒã„ã¨čĄŒã‹ãĒいįŠļ態ãĢしãĻ初めãĻ母ぎ有りé›Ŗãŋが分かãŖãĻ垌悔と孤į‹Ŧでč‹ĻしめばいいぎãĢã€‚æ¯ã—ã‹ãŠčŠąčžã„ãĻくれるį›¸æ‰‹ã„ãĒいくせãĢã€čˆã‚č…ãŖãĻčĒŋ子ãĢ乗ãŖãĻるキチã‚Ŧイクã‚Ŋゴミ。お前はæœŦåŊ“ãĢいらãĒいæ­ģãĒãĒいãĒらæŽēす。

0 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 6

デ゚書きčžŧãŋ

あぎäŧščŠąãŒæˆįĢ‹ã—ãĒいキチã‚ŦイåŽļį•œã€‚æ•Ŗ々喚きæ•ŖらしãĻ、č‡Ē分が可įŦ‘しいäē‹ãĢ気äģ˜ã„たんかįŸĨらんけお、äŊ•äē‹ã‚‚ãĒかãŖたようãĢ寝ãĻやがãŖた。こぎぞぞīŧ’åēĻとį›Žã‚’čĻšã•ãĒã‘ã‚Œã°č‰¯ã„ã‘ãŠã€ã‚ã‚ŒãŒã‚­ãƒã‚ŦイをčĻ‹ãŸæœ€æœŸãĢãĒればæ­ģんでも恨ãŋįļšã‘ã‚‹č‡ĒäŋĄãŒã‚る。それぞではæ­ģã‚“ã ã‚‰č¨ąã›ã‚‹ã¨ãžã æ€ãˆãĻたぎãĢ。

č‡Ē分ではå‡ēæĨãĒいį™–ãĢã‚ŋã‚¯ã‚ˇãƒŧぎæąē済斚æŗ•ã‚’åĸ—ã‚„ã™ã¨ã‹č¨€ã„å‡ēしãĻ、母ãĢč‡Ēåˆ†ãŽã‚šãƒžãƒ›æ‰‹æ¸Ąã—ã€Œã¯ã„ã€ã‚„ãŖãĻくれ」でč‡Ē分はåē§ãŖãĻるだけ。

いや母ãĢã‚šãƒžãƒ›æ¸Ąã—ãŸã ã‘ã§ã‚„ãŖãĻč˛°ãˆã‚‹ãŖãĻ小å­Ļį”Ÿã‹ã‚ˆã€‚

時åˆģは22時半、おうしãĻã‚‚é€”ä¸­ãžã§ã—ã‹č¨­åŽšį”ģéĸãĢé€˛ã‚ãĒくãĻ母は「äģŠæ—Ĩはもうį„Ąį†ã€‚LINEとPayPayあãŖたら大丈å¤ĢでしょうīŧŸã€ã¨ã‚­ãƒã‚ŦイãĢ゚マホをčŋ”したが、これがおうやらį•°å¸¸č€…キチã‚ŦイãĢ取ãŖãĻã¯åœ°é›ˇ(įŦ‘)だãŖたそうです。

æŦĄãŽæ—Ĩäģ•äē‹ã‹ã‚‰å¸°ãŖたら母ãĢ喚きæ•Ŗらしå‡ēした。おうやらäģ•äē‹ä¸­ãĢé›ģčŠąã—ãĻそれでもå‡ēæĨずãĢ母ãĢåŊ“たりæ•ŖらしãĻ「お前はLINEとPayPayがあãŖãŸã‚‰ãˆãˆč¨€ã†ãŸã‚“ã‚„īŧīŧãã‚Œã§ãŠã‚Œã¯ã€Œã‚あ断られたんやãĒ」と 思 ãŖ た だからäŋēはäģ•äē‹ä¸­ãĢé›ģčŠąã‚’č‡Ē分でしたんやīŧīŧã€ã¨å–šãå–šãã€‚

「äŋēはé›ģčŠąã—ãĻくれとé ŧんだぎãĢお前はį„ĄčĻ–したīŧīŧã ã‹ã‚‰äŋēはč‡Ē分でしたんやīŧīŧã€ã¨įļšã‘ãĻ喚く。

æ¯ãŽč¨€ã„åˆ†ã¯ã€Œį§ã‚‚äģ•äē‹ã‚„ぎãĢé›ģ芹äŊ•ã‹å‡ēæĨへんやん。あんたぎ゚マホがãĒいとå‡ēæĨへんからäŧ‘ãŋぎæ—ĨãĢやろうと思ãŖãĻãŸã€ã¨ã“ãĄã‚‰ãŽæ–šãŒæ˜Žã‚‰ã‹ãĢぞともãĒč¨€ã„åˆ†ã€‚

それãĢ大しãĻ「そんãĒんäŋēã¯čžã„ãĻãĒいīŧīŧäģŠäŊœã‚“ãĒīŧīŧã€ã¨ã‚­ãƒã‚Ŧã‚¤ãŽæ€č€ƒã¯įš†į›ŽčĻ‹åŊ“もつかãĒい。äŊœã‚‹äŊœã‚‰ã‚“ã‚‚åŽŸéš›å•éĄŒã€äģŠæ—Ĩはé›ģčŠąã§ããĒいはäē‹åŽŸã§ã™ã€‚母はお前よりも先ãĢå‡ē勤しぞす。

「äŋēはäēēãĢį‰Šã‚’æ•™ãˆã‚‹æ™‚ã¯ã‚ãĄã‚ƒããĄã‚ƒä¸å¯§ãĢ教えるけおãĒあīŧŸ10で済むことを20教えたるけおãĒあīŧãã‚ŒãŒäēēãĢį‰Šã‚’教えるãŖãĻことやīŧã€

とãĒぜか全ãĻä¸¸æŠ•ã’ãŽč€…ãŒæ•™ãˆã‚’čĒŦãč€…ãŽåŋƒåž—ã‚’čĒžã‚Šå§‹ã‚ãŸã€‚

いやこいつからäŊ•ã‚’å­ĻãļんだよwとįŦ‘いそうãĢãĒる。10で済むことを20ãŖãĻつぞり半分いらんčĒŦ明でį„Ąé§„ãĢ時間掛かãŖãĻるだけだろ。ただäģ•äē‹ã§ããĒいį„ĄčƒŊãĒåĨ´ã ã‹ã‚‰w

母が明æ—Ĩé›ģčŠąã™ã‚‹ã¤ã‚‚ã‚Šã ãŖãŸã€‚ã¨č¨€ãˆã°ã€Œã„ã‚„ã‚‚ã†ãˆãˆīŧãŠå‰ãĢはīŧ’åēĻとé ŧぞんīŧãŠå‰ã¯LINEとPayPayã ã‘ã§ãˆãˆč¨€ã†ãŸã‚“ã‚„īŧã¤ãžã‚Šãã‚Œã¯é›ģčŠąã§čžãæ°—ãŒãĒいãŖãĻことやろうがīŧã€ã¨ã‚­ãƒã‚Ŧã‚¤ãŽčŠąãŽé€šã˜ãĒさ。

「いや、母はåˆĨãĢ断ãŖãĻãĒいやろうīŧŸč‡Ē分が勝手ãĢそう思ãŖただけで。明æ—Ĩé›ģčŠąã™ã‚‹č¨€ã†ãĻã‚‹ã‚„ã‚“ã€ã¨č¨€ãŖãĻやãŖたら

「もうええīŧäŋēは断られたと思ãŖたīŧã ã‹ã‚‰č‡Ē分でé›ģčŠąã—ãŸã‚“ã‚„īŧäŋēがé›ģčŠąã™ã‚‹č¨€ã†ãĻるぎãĢ明æ—Ĩé›ģčŠąã™ã‚‹ã¤ã‚‚ã‚Šã‚„ãŖたãŖãĻãŠã†č¨€ã†ã“ã¨ã‚„īŧīŧŸįŸ›į›žã—ãĻるやろうがīŧīŧã€ã¨ã“れぞたäŊ•č¨€ãŖãĻã‚‹ã‹ãĄã‚‡ãŖとわからãĒいčĢ–į ´įŽ‹ãŒįžã‚Œãžã—た。むじゅんâ€ĻīŧŸ

母が「č‡Ē分でé›ģčŠąã—ãĻわかるんãĒã‚‰č‰¯ã„ã‘ãŠãŠã†ã›į„Ąį†ã‚„ろうからだからį§ãŒæ˜Žæ—ĨするãŖãĻ言ãŖãĻã‚“ãŽã€ã¨č¨€ã†ã¨

「もしそれでå‡ēæĨãĻたらお前おうするんやあīŧīŧŸã€ã¨ã‚‚うäŊ•ãŒäē‰ã„ぎäē‰į‚šã ã‹ã‚ã‹ã‚‰ãĒくãĒãŖãĻ参りぞした。

「えâ€ĻīŧŸwå‡ēæĨãĻたらそれでええやんâ€Ļw」とついéŧģでįŦ‘ãŖãĻしぞいぞした。

「äŋē断られたīŧé›ģčŠąã‚‚ã—ãĻくれへんīŧã€ã¨č¨€ã†ãŽãŒåŊŧãĒりぎ不æē€ã ãã†ã§ã™ãŒã€

「いや勝手ãĢ断られたãŖãĻ思ãŖãĻるだけで母はäģ•äē‹ã§é›ģ芹å‡ēæĨへんから明æ—Ĩしようと思ãŖãĻたãŖãĻ言ãŖãĻã‚‹ã‚„ã‚“ã€č¨€ãˆã°

「いやé›ģčŠąã™ã‚‹ãĒんãĻčžã„ãĻãĒいīŧéĸ倒くさそうãĢされたīŧã€ã¨ãžã ã€ãã†æ€ãŖたīŧčžã„ãĻãĒいīŧã¨éĻŦéšŋぎ一つčĻšãˆã€‚こぎäē‰ã„ãĢ勝ãĻã‚‹å”¯ä¸€ãŽč¨€ã„åˆ†ãŒãã‚Œã§ã™ã‹ã‚‰ã­ã€‚

そりゃéĸ倒だろう。こんãĒキチã‚ŦイぎéŖŧ育čĒ°ãŒåĨŊきåĨŊんでやりたいかよ。

「だからé›ģčŠąã—ã‚ˆã†ã¨æ€ãŖãĻたんやろīŧŸæ–­ã‚‰ã‚ŒãŸã¨å‹æ‰‹ãĢ思ãŖãĻたんやろīŧŸäģŠæ—Ĩはäģ•äē‹ã‚„からé›ģ芹å‡ēæĨへんから明æ—Ĩしようと「思ãŖãĻた」ãŖãĻ言ãŖãĻるんやろうīŧŸã€

とéĻŦéšŋãĢäŊ•åēĻもįš°ã‚Ščŋ”しãĻやると、やãŖとč‡Ē分ぎ斚が可įŦ‘しいぎではâ€ĻとさすがãĢ気ãĨいたようです。

母ãĢ全ãĻ丸投げしãĻå‡ēæĨãĒかãŖたからåŊ“たりæ•ŖらしãĻるだけãŖãĻį”ŗしč¨ŗãĒいとか思わãĒいぎかãĒīŧŸ

「äģŠãžã§æ¯ãĢ全部やãŖãĻもらãŖãĻé ŧぞれたこと全ãĻやãŖãĻくれãĻるぎãĢ、断られたと思ãŖたとīŧŸã€ã¨č¨€ã†ã¨

「おおそうやīŧã‚¯ãƒŦジットã‚ĢãƒŧドもPayPayもLINE Payも全部やãŖãĻ貰ãŖたīŧã€ã¨ãƒ‰ãƒ¤éĄ”でこれです。感čŦã¨ã‹čŦįŊĒぎäģ•æ–šã‚‚čĻĒãĢ教わãŖãĻãĒいもんねīŧŸ

「へえīŧŸå„ĒしいねīŧŸã€ã¨č¨€ã†ã¨éģ™ã‚Šãžã—た。äēēぎ善意をåŊ“たり前ぎことと思ãŖãĻčĒŋ子䚗んãĒよ。

そぎ垌歯įŖ¨ãã—ãĻãƒĒビãƒŗグãĢæˆģãŖたら、あんだけ「お前らãĢはīŧ’åēĻとäŊ•ã‚‚čžã‹ã‚“īŧīŧäēŒä¸‡ã§ã‚‚三万でもå‡ēしãĻã‚šãƒžãƒ›æ•™åŽ¤čĄŒãŖãĻīŧ‘ãƒļ月でお前ら抜いたらあīŧīŧã“ã‚“ãĒんčĒ°ã§ã‚‚å‡ēæĨるんじゃīŧīŧå‰ãã†ãĢすんãĒよīŧīŧã€ã¨å°į‰Šč‡­å…¨é–‹ãŽč˛ ã‘惜しãŋをæ•Ŗ々åąĨいãĻたぎãĢ、゚マホ持ãŖãĻãƒĒビãƒŗグãĢæˆģãŖãĻæĨãĻãĻ母ãĢログイãƒŗぎやり斚教えãĻ貰ãŖãĻぞした。

「これãĒãĢīŧŸã€ã€Œã‚ã‚“ãŸãŽãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚」と゚マホ教厤はそこから始ぞりぞした。čĻĒからæĨãŽæ„Ÿæƒ…ã‚’č‚˛ãĻãĻ貰ãŖãĻãĒいキチã‚ŦイãŖãĻぞじį„Ąæ•ĩīŧ

朝čĩˇããŸã‚‰æ­ģんでることを期垅しぞしたが、トイãƒŦãĢčĩˇããĻæĨぞした。そしãĻ一晊įĩŒãĄã€å”¯ä¸€ãŽæ§‹ãŖãĻくれ唯一ぎå„ĒしくしãĻくれる母ãĢ大したさすがãĢばつがæ‚ĒかãŖãŸã‚“ã§ã—ã‚‡ã†ã­ã€‚éĄ”ã‚‚å‡ēさずãĢぞたåˇŖãĢæˆģãŖãĻčĄŒããžã—ãŸã€‚

一æ—Ĩ中įˆļčĻĒæŽēしãĢäģ˜ã„ãĻčĒŋずぞした。į§ãŽæŽē意は一晊įĩŒãŖãĻも変わらãĒã„ãŽã§å°‘ã—č€ƒãˆãŸã„ã§ã™ã€‚

えīŧīŧŸäģ•äē‹čĄŒãã¨æ€ãŖたらぞだお前がæ‚Ēいお前がæ‚Ēã„č¨€ãŖãĻå‡ēãĻ行ãŖたâ€ĻīŧŸãˆãˆīŧŸīŧŸīŧŸãžã æ¯ãŒæ‚Ēいと思ãŖãĻんぎīŧīŧŸåŋ˜ã‚ŒãĻたこいつį—…気だãŖたわīŧīŧæ‚Šã‚“でたけおやãŖãąã‚ŠãŸã æ­ģãŦãŽã‚’éĄ˜ãŖãĻるだけじゃ駄į›Žã‹ã‚‚。å‘ĒいじゃäēēをæŽēさãĒいしå‘ĒいがãĒいãĒらäēēをæŽēしãĻもバチはåŊ“たらãĒい。

母は洗č„ŗでもされãĻã‚‹ãŽã‹å…ąäžå­˜ãĒぎか、æœŦäēē曰くéĢ˜éŊĸãŽä¸ĄčĻĒãĢåŋƒé…æŽ›ã‘たくãĒいらしいけお、é›ĸ劚は頭ãĢãĒいし。

é›ĸ劚がこいつをč‹Ļしめる唯一ぎ斚æŗ•ãĒんだけお、キチã‚Ŧイはį§ã¨å§‰äģĨå¤–čĄ€į¸č€…ãĒしで、čĻĒ戚0ã€‚æ¯ã¯ä¸ĄčĻĒåĨ在、兄åŧŸäģ˛č‰¯åĨŊ、子䞛も2äēēいãĻ、å‘ŗ斚が多い。įĨ–įˆļ母はãĒぜが原ぎ娘よりäģ–äēēぎおãŖさんぎご抟åĢŒåŋ…æ­ģãĢ取ãŖãĻã‚‹éŽåš˛æ¸‰æ¯’ã ã‘ãŠã€‚

キチã‚Ŧイを孤į‹ŦãĢčŋŊいčžŧんでč‹ĻしめãĻやりたい。それがåļわãĒいãĒらæŽēすしかãĒいんだけお。

2 デ゚ã‚ŗãƒĄãƒŗト 4