足の痛みを感じながら、すぐそばに小さな私が立っている気がするのです

デス書き込み

寝ようと思ったら足が痛んで、また昔の事を思い出し、イライラしたので書き込みに来ました。
私が住んでいた所は田舎で、小学校、中学校共に歩いて一時間かかりました。ある時足が痛んで、腫れてきて何度も両親に訴えましたが、病院に連れて行って貰えません。
学校には這ってでも行けと言われ、痛みを我慢しながら登校。
やがて足の骨が折れました、疲労骨折でした。
学校の先生が車で送ってくれた時、親は「まぁ、わざわざありがとうございます、○○、頭を下げてお礼を言いなさい」と至極真っ当なセリフを言いました。
先生が帰った後、恥をかかせたと怒鳴られました。私の子供の頃の写真、怖くて見られません、凄く眼がつり上がって、自分で自分が恐いので…
痛みを我慢しながらの一歩一歩が、今の憎しみに繋がっているのでしょうか?
差を付けられ、可愛がられた兄弟が、大切にされ、雨の日は送り迎えがあり、小遣いを普通にもらい…
それが今の怒りに繋がっているのでしょうか?
足の痛みを感じながら、すぐそばに小さな私が立っている気がするのです。

7日 1 デスコメント 51 アクセス 4

デスコメント ( 1 )

  1. コメント失礼します。うちの毒親がやることと似ていて、すごく共感しました。うちの毒両親(特にババア)も子の前では偉ぶったり怒鳴ったりするのに、外面はいいです。両親とも、他所で見せる顔と私の前で見せる本性が違いすぎます。あなたのように、他の子と差をつけられたりもされました。バカな毒親が子供を作るから虐待事件も減らないし、そんな毒親の元に産まれた子供が可哀想です。毒親は、子供の事を老後の介護要員やストレス解消用の道具としてしか見てないんだと思います

コメント