毒親に似ている部分を見つけてしまうことがあって、本当に嫌

デス書き込み

絶対絶対反面教師にしてやる、こんな奴になるもんかって思ってるのに、毒親に似ている部分を見つけてしまうことがあって、本当に嫌。同じ血を引いているというのが心の底からおぞましい。早く死んで欲しい。でも「ここがあいつに似てしまっている」って気付いただけでもまだましなのかも。治していければ私もっといい人になれるかな。親は死んで欲しいけど自分の心にはそういう意味で居させてやってもいいかな。

2日 1 デスコメント 45 アクセス 5

デスコメント ( 1 )

  1. 誰にでも短所はあります。それも見方を変えれば長所にもなるし。全ての物事には二面性があるのです。例えば綺麗好きも別の角度から見れば潔癖性とか。主様が毒母に似てイヤだと思う所は毒母のDNAが悪いだけで、主様が悪い訳ではありません。仕方のない事もあるよね、と割り切ることも大切な場合もあるのではないでしょうか。反面教師として、ああはなりたくないと努力しても、時には失敗することもあります。完ぺきな人間なんていませんから。人って失敗する生き物です。でも他の人に迷惑をかけたり、イヤな思いをさせてしまったりした場合は素直に失敗を認めて謝罪できるかできないか、ここで人間性が出ますよね。たとえその相手が自分の子供だったとしてもです。失敗を反省してキチンと謝罪したら、次からはしないと決める、それでもうこの件は考えすぎずに流す、これも大切だと思います。その経験が人として、親として成長する糧になるのではないでしょうか。たとえどんな些細な事でもいいので出来る事からスタートされると良いと思います。みかんの薄皮を取るように少しずつ時間をかけて。そして毎日自分で自分をほめてあげてくださいね。たとえ今日できなくても自分を責める必要は全くないのです。明日また努力すれば良いだけですから。そしていつかできるようになればいいのです。自分の努力を自分で認め続けてあげてください。私も毒親から離れて30 年、ああはなりたくないと失敗をくりかえしながらコツコツ努力してきました。そのかいあって子供達は母親思いの優しい子に成長してくれて沢山の幸せをくれます。私も今は精神的に随分逞しくなりましたが、母親と電話で話すと秒で怒りのスイッチが入ります。その怒りを抑えるのが本当に大変なんです笑。私の場合、反面教師としての機能は母親と距離を取らないと正常に作動しないみたいです。これも仕方のない事なのでしょうね。

コメント