私は毎日、お前なんて産まなければ良かった、疫病神、お前の中にはあの二人の血が流れてるんだ、と言われていました

デス書き込み

変わってほしいだとか、死んでほしいだとかという感情は、今まで持った事はありません。ただ、過去に受けた精神的身体的虐待の影響で、大人になってから大変生き難く、苦しい事を誰かに聞いてほしい、それを理解してほしい、受け入れてほしい、という思いがあります。
物心ついた頃にはもう既に母から毎日存在を否定されていました。保育園に通っていた頃からでしたので、もう随分と昔からです。母が私に辛く当たる原因は、父に対しての不満と姑に対する不満でした。私は毎日、お前なんて産まなければ良かった、疫病神、お前の中にはあの二人の血が流れてるんだ、と言われていました。これは、毎日言われていたので今でも一言一句間違えずに覚えています。私には年子の弟がいて、その子は知的障害を持って生まれました。その辺りから、母はより私に辛く当たりました。弟には手を挙げず、私に当たるというのが日常化していました。父は、自営業で夜遅くにならないと帰って来ない為、私が虐待されていた事を知らずにいたようです。そのような事が小学校5年生くらいまでありましたが、その辺りから私が荒れて反抗をするようになった為、会話自体が無くなりました。
更に、私は何故か従姉妹から恨まれていました。私が何かをした訳ではなく、祖母が原因であったそうですが従姉妹はそれをわざわざ私に見えるように、LINEのタイムラインに全体公開して挙げました。
結婚した今、旦那に対して私はあの時の母と同じ事を言っています。こうはならないと強く思っていたのにです。こうなると分かっていたので、子供だけは絶対に作らないように、ピルを服用して撤退しています。もう私のような子供を増やしていけないと思う為です。どれだけ気をつけていても、私は同じ事をしてしまうと思います。
怒りのコントロールが出来ず、大きな音や呼び出し音全般に一々驚き、人と目を合わせる事が出来ず、他人を信用するのは容易ではありません。鬱症状が出て、死ぬ事しか頭になかった時期もありました。
それを母に話した事がありましたが、それはあんたが弱いからだと言われました。心のどこかで、心配して優しい言葉をかけてほしいと思っていたのです。私は自分の甘さを悔いて自分を激しく責めました。
これは、どうにかしたいとかそういうつもりで書いた文ではありません。ただ、誰かに知ってほしいとそう思っただけです。
ここまで読んで下さった方がいましたら感謝致します。
あなたの人生が、今後は快方へと向かい、光が射します様心からお祈り致します。


3か月 0 デスコメント 73 アクセス 2

コメント