デスノートを拾う(無料登録)

デスノートを取り出す(ログイン)

パスワードを忘れてしまった

パスワードを忘れてしまった場合は、登録時に使用されたメールアドレスを下記に入力し、「リセットする」をクリックしてください。パスワード再設定用のメールが届きます。

毒親に育てられ、高齢ひきこもりがちになり、誰にも頼れず孤独で、孤独死に怯え、心が辛かったとしても、今はそれで良い

毒親に育てられ、高齢ひきこもりがちになり、誰にも頼れず孤独で、孤独死に怯え、心が辛かったとしても、今はそれで良い

高齢ひきこもりに負い目を感じる必要はない。その経験が役に立つときがきっと来る。

毒親に育てられた、孤独、ひきこもり、孤独死。これらは全て繋がると、最近感じるようになった。少し考えてみれば、繋がりはありそうな気もする。でも、自分を関係があり、そういった話題を目にすると、より強く繋がり、因果関係があると感じた。

僕が作ったサイトは、旦那デスノートに始まり色々なデスノート系だ。その中でも、この毒親デスノートは一番身近に感じている。旦那デスノートが話題になったから、自身の経験からモラハラに関することとか書いたりもしたが、所詮、僕は独身の男であり、女性の気持ちも、既婚者の気持ちも、本当のところで判らない。

僕は、色々なサイトやブログを作っているが、キラキラしたものを作ることが出来ない。前向きやポジティブに、倫理観に沿ったものを作ることが出来ないのだ。

なぜなら、僕はたぶん、未だに両親への怒りを抱えている。怒りしか無いのだ。怒りのパワーが激しいからこそ、死ね!とか殺す!とかそういったものしか作ることしか出来ないのであろう。

そんな怒りパワーで作られているデスノートの投稿を読んでいて、気持ちが一番よく判るのが、この毒親デスノートだ。

僕の親は毒親だ。毒親は死ね!なんて思っている。今でも思っている。しかし、その感情が少し薄れてきているのも事実だ。それは母親が精神的におかしくなり、父親が脳梗塞で倒れたからだ。脳梗塞といっても軽いので、今はもう復帰しているようだ。

毒親だなんだといっても、親なので心配はする。これも因果応報だなと感じる。僕が迷惑をかけた人たちからの報いなのだ。

先日、ひきこもりのまま結婚した男性の記事を読んだ。
ひきこもりのまま結婚した40代男性、妻とは別居でも「彼女はよりどころ」2019.08.24

久しぶりに、全ての文字をじっくりと読んだ。書いてあることのほとんどが、自分に当てはまるからだ。気持ちが判るからだ。記事の内容として最終的にひきこもりの40代で結婚をしている。奥さんとは別居中だが、とても愛されていることが判り、少し冷めてはしまったが、とても良い記事だ。

記事を読むと、ひきこもりの要因のひとつとして、幼少期の親との関係があるんだと判る。僕もそう思う。僕自身が同じだからだ。僕も幼少期や学生のころに良い思い出は無い。出不精であり、人と関わることが苦手だ。

高齢でひきこもるから孤独になり、行く末は孤独死だ。孤独と孤独死は、字が被っているので、関係は多いにある。自分が死んでいないので、孤独死はあまり身近に感じられなかったが、最近はよく感じるようになった。

旦那デスノートにおいて、僕の携帯電話の番号を載せ、孤独で辛い女性たちの相談に乗っていたことがある。僕は必ず小さいころの話しを聞いた。なぜなら、人間関係の構築に問題がある人は、大抵は幼少期の親との関係が原因だからだ。

実際に、相談をしてきてくれた女性たちの7割は、幼少期に親との関係が良くなかった。子供のころは、常識や教養など判らないから、悪いのは親であると言える。親との関係が尾を引いて、精神的に病んでしまっている人も多かった。

毒親デスノートに投稿している人も、精神的に疲れてしまっている人が多いのではないだろうか。毒親に育てられてしまったあなたは悪くない。全ては親なのだ。負い目を感じる必要もない。その心の辛さはきっと誰かの役に立つときが来る。

毒親に育てられてしまうと、人間関係の構築をすることが出来なく、孤独になってしまう。仕事も上手くいかない。生活に困窮する。精神的に病んでしまうこともある。誰とも関わりを持たないので、最終的には孤独死をしてしまう。

孤独死という言葉に関しても、最近特に意識するようになった。僕も友達はいない。親しい人もいない。僕も孤独死をする可能性は十分にあるのだ。毒親持ちのあなたも、もしかしたら他人事ではないと感じているかもしれない。

孤独死を意識するようになったのは、両親の具合が良くないからかもしれない。母親は認知症なのかなんなのか、言っていることが支離滅裂で、たまに精神病院に入院したりする。誰かと勘違いして電話を掛けてくることがある。頑丈だと思っていた父親は、脳梗塞で倒れ、呂律が回らなくなり、身体の麻痺があった。今はもう大丈夫らしい。

孤独死というのは、よく新聞や雑誌にも取り上げられている。
孤独死した30代女性の部屋に見た痛ましい現実

その記事のほとんどが、同じ女性の方が書いているのである。その女性は、孤独死に関する著書も出版している。記事や本を読むと、他人事ではなく、本当に怖くなってくる。でも、それが現実だ。いつあなたがそうなるか判らない。

毒親に育てられ、ひきこもりがちになり、誰にも頼れず孤独で、孤独死に怯え、心が辛かったとしても、今はそれで良い。その経験は今後、必ず役に立つ時が来る。特に僕と同じ世代、40代の人たちは尚更である。

なぜなら、世の中の人たちの孤独はこれから加速していくからだ。そのときに、辛さを判ることができ、話しを聞いてあげることが出来る。だから、今の経験は大事なのだ。

インターネットが当たり前になり、LINEやFacebookなど、電話以上に人とのコミュニケーションが取りやすくなっている。しかし僕は、文字だけのコミュニケーションはコミュニケーションとして果たしてはいないと感じている。

いつでも誰とでも連絡を取れる。連絡が無いということは、関心が無い、ということ。電話であれば、簡単に出来ないし、妄想することができる。だからLINEなどは、悲観的になりやすい。結果、孤独感を味わいやすい。だから僕はLINE、Facebookは使っていない。

孤独を埋めるためのツールが孤独を加速させるツールとなっているのだ。だから、これから先は、孤独感が強い人が増えていく。そのときに相談に乗ってあげられるのがあなただ。

ひとりぼっちで寂しい。仕事のやる気がおきない。誰かと関わりたいけど、小さいことが気になって、きっと嫌いになってしまうだろう。嫌いになってしまい、辛い想いをするくらいなら、人と関わらない方が良い。そんな自分には価値が無い。僕も同じだ。

でも、たぶん、今はそれで良い。自分を責めないで良い。それも運命だし、宿命なのだ。誰かに合わせて無理をする必要は無いし、自分を否定する必要もない。独りなら独りのままで良い。自分はダメなんだ、と思えば思うほど、心が辛くなる。悲観しないで、そのままでいよう。

最近、僕の机の上には、20年くらい前に母親から買ってもらったSEIKOの腕時計が置いてある。ずーっと使ってなくて、ずーっと動いていなくて、久しぶりなんとなく引き出しから出した。しばらくすると動き出した。なぜか、嬉しかった。

その時計を引き出しにしまうことが出来ない。それは動かなくなるからじゃない。なんか手元に置いておきたいのだ。外に出かけるときも、けっこうな頻度で付けていくようになった。この腕時計を付けて行くなんて、10年前以来だ。

母親への想いからだろうか。今も憎しみは強い。でも、病院で何度か会った母親が忘れられないのだ。それはおそらく愛情なのか。僕の心の中に、愛と憎しみが混在しているのかもしれない。


契約者 管理人 牧田

僕が作ったサイトは、旦那デスノートに始まり色々なデスノート系だ。その中でも、この毒親デスノートは一番身近に感じている。旦那デスノートが話題になったから、自身の経験からモラハラに関することとか書いたりもしたが、所詮、僕は独身の男であり、女性の気持ちも、既婚者の気持ちも、本当のところで判らない。

返信