デス書き込み
ギャンブル依存の実の母に腹が立ったんですが、かなりな金額をスロットで負けているらしく、じゃんじゃんパチンコ屋では数万円も入れてくるくせに、私と孫とかとみんなでご飯食べに行こうってなると、急に食べにまで行かなくていいんじゃない、家にご飯は炊いてないの? ある物で作ればいいじゃないって必ず言い出すんです、お金を出したくないのがあからさまに分かるんで、本当に腹が立ちます。 娘の私とか孫が喜ぶ顔って見たくないんですか? 自分の満足できて楽しい事ばかり頭の中にあるからいつも孫が来ても、私が来ても嬉しそうじゃないしなんか時計ばかりいつも見ているのも知ってるんだからね、夕方に大好きなパチンコのネオンが呼んでるからかしりませんが、それはそれですよ。 いざ体調が悪くなったりなんかしても頼って来ないで欲しいし、葬式代だって自分で稼いだ金額で葬儀出してもらわないとやってけないよ。 そんな時だけ絶対に頼って来たって許さない、貴方の嘘つけない顔は私も子供たちも見抜いてます、まず何が一番大事かしっかり考えて欲しい!
1年 0 デスコメント 423 アクセス 1

デス書き込み
ついに旦那と離婚することになりました。 なんであんな男と結婚したんだろう。結婚前に私があいつと別れようとした時にどこで聞きつけたんだか知らないけど大手企業に勤めてるから絶対に別れるなと毎日電話してきた人がいたよね。 今回だって私がもう限界だから別れると言っているのを無視して、私の我慢が足りないだの馬鹿だの散々言ってくれた人がいたよね。 そうだよ、あんたのことだよ。もはや母親とも思えないからあんたでいいよ。 思えばあんたは昔っからそうだったよね。小学校の時に私が習いたいっていった水泳もなんの役にも立たないからって即駄目。そのくせやりたくもないピアノ教室には無理やり押し込んでくれたよね。 あれってうちの子はピアノが弾けるお嬢様だって自慢しかったらしいじゃん。ピアノ弾けたらお嬢様ってどこの世界を生きていたの?あたまおかしいんじゃないの? 当然私は自分の意思で来たわけじゃなかったから上達しないで先生には毎回怒られる。その報告を受けてあんたは私を叱りつける。なんでちゃんとやらないんだって。やりたくないって言ったらあの時も我慢が足りないって言っていたね。 当時はまだ子供だったし母親の言うことは絶対だって信じていたから泣きながら通ったけどさ。 こんなこともあったよね。中学の受験をしたいって私が言った時、絶太に許さないって言ってベランダに締め出してくれたよね。あれは意味が分んなかったよ。だってまだ理由も説明する前だったんだから。 そのあとで女は勉強が出来たって仕方ないとか戦前かって言いたくなる理由をつけてくれたっけ。お金がないから無理って言ってくれた方がよっぽど清々しかったよ。自分が勉強できないからそこそこ成績がいい私に嫉妬してたんでしょ?最近だけどお父さんにそう言われたよ。もう呆れたね。 結局近所の公立に行ったけどひどい学校だったね。あの底辺校に行きたくないから受験したかったっていうのもあったのにさ。いじめも受けたし散々な中学時代だったよ。ちなみにいじめのきっかけはあんたが私に無理やり持たせていた小汚い手提げバックのせいだから。拒否することを許されてなかったけどね。 あんたはそのあともことごとく私の考えを否定してきた。どっちかっていうともう否定することが目的になっていたから言ってることが滅茶苦茶だったよ。さすがに中学生になったあたりからはあんたが普通じゃないことには気が付いたけどね。 でもお金があんたを通さないと出てこない以上は従うしかない。そんな状態を黙認していたお父さんにもそういった意味では恨んでるけどね。 結局高校になってもバイト禁止であんたの監視下からは抜けられなかった。隠れて短期のバイトはしたけどほとんど稼げなかった。しかもあんたは鼻が効くからすぐに気が付いて強引に辞めさせる。 でもさすがに私が援交してたのは気づかなかったでしょ?バイト禁止の割りにはまともなお小遣いももらえないしもうやるしかなかったよ。本気で辛くてすぐやめたけどさ。私かなり苦しんで落ち込んでたはずだよ。娘のそういう変化にはまったく気が付かないんだね。 あんたのお望み通りの大学を卒業して、あんたがあまり望まない会社に就職できた時は嬉しかった。あんたは地元の会社に行かせたかったらしいけど私は全部面接でわざと落ちそうな行動ばっかり取ってたよ。 県外に支店が多い会社に就職したかったからね。配属先がどう考えても家から通えないところになった時には飛び跳ねて喜んだね。ようやくあんたから離れられると思ったから。 あんたは私の就職後も毎回電話して来たり、口実みつけては家に来てあれこれ命令して来たけどもう完全無視してやったよ。経済的に独立した以上あんたに従う必要はない。 それなのに私はあの男と別れるのをあんたに反対されて、思いとどまってしまった。自分でもなんでかわからない。きっと小さいころから抵抗できないように教育されてきた影響なんだろうね。 でもそんな日々もおしまい。あの男と離婚できたついでにあんたとも縁を切る。私は私の意思で自分の人生を歩むんだよ。あんなに奪われた自由を得るんだ。今は最高の気分さ。 この手紙を読んでなにか反論があるかもだけど手紙を書いても読まないし、これからどこに行くかも言わないよ。会社も辞めるからこっちに探しに来ても無駄だよ。 あんたが死んだら葬式ぐらいは出てあげるからその時は連絡頂戴。死んだら連絡できないか。じゃあもう一生会うことはないね。さようなら。
1年 0 デスコメント 280 アクセス 3

デス書き込み
お母さん、もう昔の事だから、多分覚えてないだろうけど。 あなたのプライドがゴミみたいに高いのって、バベルの塔より無駄だからいい加減にしてくれないかな? 買うものを間違えたのはお母さんだよね?なんで私のせいになってるの? 「こんなもの買うつもりじゃなかったのに!お前のせいだ」ってどういう意味?私があなたにそれを無理やり買わせたとでも? 店の前で、学校の友達もいる前で、「お前のせいだ嘘つき」って叫んでさ、 「お前なんか産んで育てなきゃいけない私は可哀想」「産まなきゃよかった」って泣かれてもさ、 もう腹立つっていうよりあきれるよ。 私だって、あなたの子供になんか産まれたくなかった。 子供が親を選んで生まれるなんて、絶対何が有っても100%嘘以外何物でもありえないからね! あんたなんか、何億回生まれ変わったって、親になって欲しいなんて一度たりとも思わない! 私だって、あんたから生まれたくなかったよ! よかったね、お揃いだね!あなたが私に死んでほしいように、私もあなたに死んでほしいです。
1年 0 デスコメント 234 アクセス 5

デス書き込み
何でもかんでも、自分や家族を良く見せようと思って、いつでも上から目線!なんでそんなにえらそーなんだよ。そんなに自分が特別か?そんなに自分が素晴らしい人なのか? 見栄をはって、生活に余裕がないのに塾にいかせ、中学受験。試験の点数がよければ機嫌がよい。子供は親の道具か!ずっと付き合わされてきたんだよ! 高校生の時には、バイトして貯めたお金を、勝手に何も言わず下ろして生活費にしてたよね!私が気がつくまで、何もなかったかのようにしれーっと生活して。 私にバレてもあなたは、知らないよ。とシラをきったよね。は?よく言うわ。実の親ながら呆れる。その後、私がキレたら逆ギレしたよね。当然、そのお金を返すことなんてするわけないわ。 そんな中でも、自分の見栄を抑えることなんてするわけなく、私の兄妹を奨学金を使わせてまで有名私立大に行かせてまた自慢。いつもいつも子供はあなたをよく見せる道具。 私たち兄弟がどんなに反抗しても、訴えても、すぐ「私が全部悪いんでしょ、死ねって言うこと?死ねばいいんか?」って言うよね。そんなに簡単に死ねるなら死んだら?って何度も思ったわ!あんたみたいな人程、長生きするんだよ!人の命を自分の命にかえて。 あとさ、子供達が社会人になってからも変わらずお金貸してって言ってきてさ、もう何?何のために働いてるのかわかんねーよ。お金に余裕ないなら慎ましく生活してよ! お店に買い物にいって、高いもの勧められたときに「安いじゃん、かえば?買ってあげるよ」って、どの口が言ってんだよ!その前にお金返せ。こっちはもう、子供のころからお金に関してトラウマの塊。そう、あんたのせいで。 私は今まで苦労してきたっていうけど、何にも考えてないじゃん! しまいには、子供達が結婚してからもお金がない、どうしようって連絡するのやめてくれ!それなら孫に何も買ってくれるな!孫にいい顔したいからって、金ないのに自己満足で買って、それを補填するのは毎回こっちなんだよ!この話も何度したらわかるんだよ! 子供の時からずーっとノイローゼになりそうなのはこっちだよ!お陰で白髪が増えたわ。 あと、お金に余裕のある義理の両親に、生活に余裕ありますみたいな対抗心いらないから。子育て今まで苦労したんです、頑張ったんです。私が育てあげたんです。みたいなのもいらない。 私たち兄弟は、あなたを反面教師として金銭管理をしっかりする大人になったわ。 余裕のない老後生活、最後の葬式代位は用意してよね!
1年 0 デスコメント 272 アクセス 1

デス書き込み
とにかく全てにおいて楽したい怠け者です。癇癪持ちで口が悪くて、めんどくさいです。 学校の昼食などで、お弁当を持参するように言われてたら、他のご家庭なら、それなりのお弁当を用意するのが当たり前だと思います。でも、我が母は楽したい故に極めて適当な弁当を作るのです。 その中身は、適当にご飯を敷き詰めて、卵焼きはぐちゃぐちゃです。後は冷凍食品が無造作に入っているだけです。多かったのが、海老フライの冷凍食品とポテトを肉で巻いた冷凍食品でした。 どちらも入っている場合はなく、必ずどちらか1つです。全てにおいて楽したいので、家での食事も適当なんですよ。 日程の都合で、お昼までの授業しかなく、お昼ご飯は家で済ませる必要があります。でも、家に帰っても何も用意してないのです。母にご飯はと尋ねても、何か適当に見繕って食べと突き放されるのです。 そして、渋々母が持ってきたのが、ふりかけと炊いてから何日か経過した硬いご飯でした。もちろん、こんなものでお腹は満たされないと言っても、なら、食べなければいいじゃんと開き直ります。 強めに文句を言ったら、逆ギレしてきて、自分で作れば良いだろとか言ってきます。私が正論を言っても、決して謝りません。それどころか、お前がおかしいや、しつこいとか言ってきます。 もう、生まれつきの正確なので、まともになるとは考えていないので、放置しています。 その結果、年々酷くなって来ています。そのため、自分で出来るだけ料理する様にしています。あんな食事を今後も取らされるのは嫌なので。 最近、家で食事を済ませる機会があったのですが、その際出て来たのが、ご飯とサバの焼いたものでした。あの母が私の為にサバを焼いてくれるなんてと驚いていたら、中身が生でした。全く焼けていませんでした。 おそらく、適当にグリルに入れて、少ししたら取り出したのでしょう。なんというか、母らしい有様でした。 このままでは食べれないので、レンジでチンして火を通して食べました。 とにかく母は料理を最も楽したい対象にするのです。それについて文句を言ったら、逆ギレして来るのです。 お前ないい加減にしろよ。毎日毎日まずい飯食わされてた、こっちの身にもなってみろよ。何が腹に入れば同じとかふざけたこと言ってんだよ。なら、お前はウンコでも食ってろよ。このクソ女。 お前な学校で、友達とお弁当食べるときに、どれだけみすぼらしい気持ちになるか考えた事あんのか?友達が「あっ」みたいな察した表情するんだぞ。ふざけんなよマジで。お前がクソみたいな弁当や料理しか作らないから、幼少期からまともな物食った事ないわ。 そんなに料理に楽したいなら、毎日コンビニ弁当で済ませるから、金よこせよくそ。決してよこさない癖によ。金にまつわる時だけ真面目なんだよな。 早く死んだ方がいいと思うよ。葬式代は出さないから。もうすぐ、年齢的に棺桶に片足一本入る頃だから期待しとくね。もし、あの世に行ったら、実の子供にろくなご飯を食わせなかった罪で釜茹での刑になってください。よろしく。
1年 0 デスコメント 271 アクセス 2

デス書き込み
一般的には自分の父親をお前と呼ぶのは最低のことだと思う。 でも私が物心ついてからのお前との日々で思い出すのは、すべて私を軽蔑した目つきで見下ろした時の顔、三角の目で私を罵倒した時の顔。 友達の前で怒鳴られて恥をかかされたときのこと。そんなやつを”父親”だなんて呼びたくないし呼ぶべきではないだろう。 はっきり言って、父親はお前しか知らないから大きくなるまで、父親なんでどの家庭でもお前みたいな感じ何だろうと思っていた。 でも高校生ぐらいになって友人たちの父親のエピソードをたくさん耳にするようになって、その温かい父親像に初めてうちの父親が異常であることに気づいたのだ。 その時のショックといったらなかった。その時の気持ちがお前にわかるはずもないだろう。 お前は自分が世界一素晴らしい人間だと思っているようだが、実際には人間としてはクズ以下の人間なのだよ。よくもまぁこんなクズ以下の人間が会社で外面良く出世してきたと思うわ。 でもその外でのストレスを全部家庭に持ってきて長年に渡って徹底的に心身共に私をいたぶり、母をいたぶってきたんだよね。 お前もそろそろ80歳近くになり年老いてきて気弱になっているようだけれど、はっきり言ってお前が死んでも私は涙ひとつ流すことはないと断言できるよ。 それどころか下手に長生きしてもらいたくないし、お前の介護に関わるだなんて絶対にありえない。お前は少しは私に介護してもらえるかもと期待しているのかもしれないが、今までお前が私にやってきたことを棚の上にあげて、私が喜んで面倒を見るとでも思っているのか?冗談もほどほどにね。 小さい頃からずっと受け続けてきた心の傷は深く深くえぐられていて今でも時々膿をだしながら疼いている。 世紀の毒親であるお前のせいで心を殺されてきた私の心が本当に癒される日は、お前がこの世から去る日だよ。 心が本当に解放されるその日がくるのを今か今かと楽しみにしているんだ。
1年 0 デスコメント 274 アクセス 2

デス書き込み
拝啓 クソだらしないバカ親父様 まず初めに、私はあなたのことを父親だとは思いません。本来、父親というものは家族のために働いて生活費を稼ぎ、何かあった時には家族を守っていく大黒柱の役目をしなければならないのですが、あなたは違いましたね。 あなたは、外で女を作り子供まで作ってそちらで生活を始めて、家には一切お金を入れていませんでしたね。 新しい家庭を作るのは、あなたの人生だから好きにしてくれて構わないのですが、家にお金を入れずに女房、子供に不憫な思いをさせるのは男として筋が通っていませんよね。 元の家庭にお金を入れることのできない馬鹿野郎になぜ女ができるのか不思議でたまりません。きっとその女も馬鹿で、類は友を呼んだんでしょうね。 そんな馬鹿な男女から生まれた子供もさぞ馬鹿なのでしょうが、子供には罪はありません。将来のことはなにも考えず一瞬の快楽の為に中出しして、生まれた子供の面倒も見れないのであれば、犬や猫と変わりありませんね。 犬や猫はむやみに子供を作らないように去勢手術をするのですが、あなたも生殖能力がまだあった頃に去勢手術をしたほうがよかったのではないでしょうか。 私はあなたのことを恨んでいますが、あなたは私に対して申し訳ないという思いはないのでしょうか。もし、ないのであれば人として生きる価値がありませんよね。 どのような幼少期を送ったらそのような馬鹿な考え方ができるのか、あなたの幼少期について興味が湧いてきました。そのような人生を送っていて後悔はないのですか? ろくな死に方しないと思いますが、かなり図太い神経をしているのですね。あなたのような先のことはなにも考えられない人だとこの世の中成功することはできないでしょう。 どうせ今頃安い賃金で雇われクソみたいな人生を送っているか、その辺で野垂れ死んでいることでしょうが、それもあなたらしくていいですね。 あなたがしっかりとした人間であれば、私の人生もまた違ったものであったでしょうが、そんなことを言ってもしょうがないので、あなたのクソみたいな人生を反面教師にしてこれから生活していこうと思います。 私は幼少期の不憫な思いを糧としてナニクソ根性で、すでにあなたより稼いでいて社会的地位も手に入れましたので、これからの私の人生には絶対に関わってこないで下さい。 これから二度と会うことはないでしょうが、あなたの老後の面倒は絶対に見ませんので、すがりついてくることのないようにお願いします。 敬具
1年 0 デスコメント 240 アクセス 0

デス書き込み
これは私の実の母親に向けた手紙です。 お母さん、私が小さい時、今もそうだけどアナタは妹達の話しか聞いてくれなかったよね。 まだ小学生の私に「妹の方が可愛い」と言ったよね。 あの頃の小学生の私は、意味が分からなかったけど段々大きくなるにしたがって意味が分かったよ。 妹達が彼氏連れて来るのは許して、私が彼氏を連れて来るのは許してくれなかったね。 なんで私が小学生の頃からアナタに敬語で妹達にも敬語を使わないといけないのか、今も意味が分かんない、全然私の存在無視して妹達と楽しく話してどんな思いで過ごしていたか、この気持ち分からないでしょう。 私にこんな事してるのに外ずらは良くて、近所の人や同級生や先生も「お母さん優しいね」とか言われ、「冗談じゃない」私はアナタのこの 事実を言いたいよ。 でもアナタは私に「近所でお母さんの評判良いんだから邪魔するな」と言ったよね。 私の子供の時、思春期時代、今も私の人生を狂わせて自分の都合で物事を話て、私より妹達と話す時間が長いから、私の事なんて全然分からないでしょ。どうせ妹にも私の悪口を言う母親だもんね。 「ふざけるな」私は今結婚して、妹達も結婚したよねでも私の結婚式だけやらなかったよねアナタのせいで、妹達の子供は孫として認めたのに私の子供は「孫じゃない」つて言ったよね。 良くそんな言葉が言えるよ。 これから先もアナタを許すことは無いと思います。
1年 0 デスコメント 248 アクセス 2

デス書き込み
私は43歳です。20歳の時に母は私を出産したといいます。 そんな母は、身長が150㎝程度も超ちびっこ。昔の人なので、背が低いことは何の問題もなかったそうですが、わたしには、せめて身長が人並みになって欲しいと願っていたそうです。 そんな私は今でこそ身長が150後半にはなっているのですが、学生の時には、身長が低く、前から数えた方が早いというくらいでした。母が身長を気にするので、わたしだって身長を気にしますよね。そんな身長を気にする私に一言母は言ったのです。 「小さいだけで障害者」 障害者の人には、本当に申し訳ないと思います。母の道徳的観念もかけていますよね。 私はこの言葉を聞いて、とてもショックを受けました。身長が低いことを悩んではいましたが、それは誰のせいでもありません。 私だって、身長が高くなりたいと思っている。しかしどうやってもその身長が伸びないのです。そこに追い打ちをかけるように、この言葉を発した母。 背が小さいということで、これまでに苦労してきたことがあるのかもしれません。また身長が高いというだけで、大は小を兼ねるという考えで便利なこともあるのかもしれません。 しかしながら身長とというのは、その人が生まれもったものですよね。そこに追い打ちをかけるように母が、背が小さいというだけで障害者と同じだと私を罵倒したのです。 この出来事に私はショックでしばらくは動けなかったほど。当時は、障害者という言葉だけで烙印を押されたような気もしたものです。しかも自分の家族、自分の娘ですよ。それなのに、私を全否定するように言った母は許せませんでした。 そんな私が母の身長を超えたのは、中学生の時。内心母のことをざまーみろと思ったほどです。これで低身長のことを言われることはないだろう、だって母を超えたんだから…という気持ちで嬉しかったことを覚えています。 それから数十年後、一度母の前で当時の話が出たことがあります。母は全く記憶にないと言いますが、私は父も兄弟もいたことをいいことに母に思いをぶつけました。 でもここでも母の本性を見たような気がします。母は、とってもマイペースなB型。他人なんてどうだっていいのです。自分がいつも基準なのです。そんな母に言いたいことを言っても無駄でした。ただその時に私の中にたまっていたものは吐き出すことができたかな? お母さん、私はこれまで生きてきた中で、あなたを軽蔑したことが何度かあります。 自分がいつも正しいと思っているお母さんだから、まったく気が付いていないでしょうね。可哀想な人。 お母さんは私の親だから、小さい時には何の疑問も持たずに生きてきました。 しかし今ならわかります。お母さんの感覚って、なんかずれてんだよ?ほかの人の価値観とちがうんだよ。 私は子供の時に形成されたお母さんの子育て価値観から抜け出そうと、必死に頑張ってきました。 そこで今ならわかります。お母さんの子育てって間違っていたんだよ!
1年 0 デスコメント 287 アクセス 1

デス書き込み
いつだってアタシの親じゃなく、弟の親だったよね。 アタシは行きたかった高校にも行かせてもらえなくて、親の希望通りの学校に行って、ろくにおこづかいももらえなくてカワイイ服なんか欲しくても買えなかった。 美容院にも行けなくて、いっつもダサい髪型しか出来なかった。 それが高校生の女の子にとって、どれだけつらい事だったかわかってんの? 早く就職しろって言われて、先生に勧められてた大学に行くのだって諦めたよね! 就職先だってあんたらの言うとおりにしたよね! なのに、弟は行きたかった学校に行って、欲しいものならなんでも買ってもらえてさ。 高校生の時に10万もする買い物を勝手に決めても、あいつがふざけた理由で仕事勝手に辞めても、何にも言わなかったよね。 それに、弟と一緒に乗ってた車が事故った時も、無傷の弟のほうばかり心配してたよね。 こっちは顔にケガして腫れ上がってたのにさ! 何なのそれ? 跡取りの長男様はさぞかし大切だったんでしょうね! 大事に大事に育てたその結果、見事に弟はパチンコ漬けのろくでなしになりましたね! おめでとう! 弟を助けないアタシの事を娘だと思わないって? ありがとう! こっちだって縁切りたかったからちょうどいいよ。 あいつがどれだけ周りに迷惑かけてきたと思ってんだよ。 その尻拭いさせられてんのはこっちなんだよ! ふざけた事ばっかり言ってんじゃねぇよ! それに、小学生のアタシに「お前は甘えるのが下手だから可愛くない」って言ってきたり、授業でがんばって描いた絵をビリビリに破ったりしてくる、平気で子供の心を傷つけるような親なんか、親だとも思いたくないっつーの。 アタシが高熱出して寝てる時に、「お前エイズなんじゃないのか?」「そろそろ死ぬんだろ」とか言ったよね。 人としての神経疑うレベルだよ。 どうせそんなの覚えてないんでしょ? でもね、やられたほうはずーっと覚えてるんだよ。 自分の親に死にたい気持ちにさせられた経験なんか、こっちだって忘れたいよ。 なのに、どんなに忘れたくったって忘れらんないんだよ。 何かあると思い出して、今だに泣くんだよ! それだけ人の心を深く深く傷つけたなんて思ってないんだよね。 いらない子なんか、どうなったって関係なかったんでしょうね。 縁切った娘は、葬式にも行く事は無いでしょうから、安心してくださいねー。 あんなヤツに嫁なんか来るわけがないんだから、カワイイカワイイ息子ちゃんと、いつまでも仲良く暮らしてくださいねー。 それではさようなら!
1年 0 デスコメント 360 アクセス 2