デスノートを拾う(無料登録)

デスノートを取り出す(ログイン)

パスワードを忘れてしまった

パスワードを忘れてしまった場合は、登録時に使用されたメールアドレスを下記に入力し、「リセットする」をクリックしてください。パスワード再設定用のメールが届きます。

週刊女性PRIMEにて、土屋和也さんという死刑囚の方の記事を読んだ。土屋さんは、前橋市高齢者連続殺人事件の犯人であり、2019年9月において死刑囚である。 《ガラス越しの死刑囚》殺人事件の背景にあった、彼の孤独と貧困【後編】2019.9.29 こういった凶悪な殺人事件にあるのは、ほとんどが幼少期の不遇さだ。不遇さとは、親との関係である。土屋さんも同様に、幼少期に問題があった。土屋さんが2歳のときに両親が離婚をし、4歳で養護施設に入れられる。高校ではおとなしかったからか、いじめの対象になってしまう。 事件後の精神鑑定では、精神的に障害を抱えている。いじめがなければ、精神的な問題もなかったのではないか、だ。凶悪な殺人事件の犯人の背景にはよくあることだな、と感じた。 と、同時に、僕も同じことになるのではないか、という不安がいつもよぎる。こう感じるのは、僕だけではないのではないか。毒親デスノートに投稿している人の中にも、同じ気持ちの人がいるのではないだろうか。 土屋さんのことだけではないが、犯罪を起こし、重刑を課せられた人物の記事を読むと、同じことを思う。不安になると同時に、加害者の方が可愛そうになってしまう自分もいる。被害者からしたら、許されることではないのだけども。 土屋さんが事件を起こしてしまった背景には、孤独と貧困がある、とのことだ。僕も同じだ。 旦那デスノートや毒親デスノートにも書いているが、僕も親は好きではない。後から知ったことだけど、小学生くらいに虐待っぽいことを受けていたらしい。その頃の強い記憶が残っていて、知り合いに伝えたら、それは虐待だ、と教えられた。 親との関係が上手くいかないと、大人になって、問題を抱える。特に、人間関係の問題だ。周りと上手く付き合うことができないのだ。僕は友達がいない。1人もいない。孤独である。 お金だってたくさんあるわけじゃない。サラリーマンではないし、たぶん、同年代の人よりかずっと少ない収入だろう。この先、ずっとお金が入り続ける保証は無いし、貧困に陥る可能性だって大きいのだ。 孤独と貧困。常に将来が不安である。不安な毎日を過ごしている。相談できる人もいない。こんな精神状態、事件を起こした当時の土屋さんとなにが違うのであろうか。同じだ。 僕は生きていく将来が不安であると同時に、自分だって凶悪な事件を起こしてしまうのではないか、という不安も常に持っている。 小さいころに親との関係が良好で、学校を楽しく過ごせて、友達がたくさん居て、周りとも上手くやって仕事も順調な人に、この辛さは判らない。この状況を好んでいるわけではないが、自分ではどうすることも出来ない。 僕自身にしてもそうだが、毒親デスノートに投稿している人たちも、凶悪な殺人事件を起こさないように祈るのみである。

続きを読む
生きていることに意味は求めなくて良い。だって毒親育ちのあなたにとっては辛すぎるでしょ?

「本当にその言葉に意味があるの?」 毒親に育てられたきたあなたは、自分が生きている意味は何だろう、自分の価値という意味は何だろう、と考えたことはないだろうか。 [adrotate banner="12"] この本は、毒親に関する情報が知りたい人に向けてではない。毒親に疲れているあなたを癒やす本でもない。今の生きづらさについて考えさせられる、思考に少し変わった考えを加える本である。 毒親に育てられたが故に、自分の価値を低く感じ、自分を責めることがクセになっている。だから、自分なんて生きている意味は無い、自分の価値に意味はない、と考えている人も少なくない。 生きていることに意味は求めなくて良い。だって毒親育ちのあなたにとっては辛すぎるでしょ? まぁ、無理に読めとはススメない。だって、常に周りを敵として見て、敵意の塊で生きているあなたにとって、新しい思考を取り入れるなんて大変だからね。 毒親というテーマに対してよく話題になっているであろう”毒親”という言葉が付いたタイトルの本たち。こんな本を読んだところで、あなたのこれからの人生にとって何の意味もない。だいたい書いてあることは、ほとんど同じ。要点は3つだ。最初に毒親による子供の被害経験談、2つ目に毒親が毒親であることの原因、最後に毒親にこれ以上毒されない解決法、だ。 被害経験なんて読んだところで傷をナメ合うことと同じで意味はない。毒親の原因なんて知ったところでこれも意味はない。毒親に毒されない解決法なんてあなたじゃ到底できることではない。だから、”毒親”というキーワードが入ったタイトルの本なんて読んでも意味がないのだ。 書いている著者だって、どこの誰だかワケの判らない金の亡者である精神科医とか、毒親に育てられたこともない気持ちの悪いオヤジだったりするワケである。そんな連中が、毒親に育てられた、いままさに毒親に育てられているあなたの気持ちなんて判るワケがないのだ。 自分が生きている意味という期待を求めて毒親に関する本を読むから、読めば読むほど、虚しくなる。そりゃ読んだ直後に一時的にではあるが、判った気がする。これからやっていけそうな気がする。でも、現実は違う。 毒親に関する本を読んだところで、あなたの人生に変化は起きない。毒親に関する本など、巷に溢れるクソ精神論が書いてある自己啓発本と同じなのだ。その時だけは読んで得をした気になるだけで、その精神論は3日と続かない。 自己啓発本と毒親に関する本は、あなたの人生に意味などないクソ本なのだ。騙されてはいけない。これは言い過ぎかもしれない。先日書いた記事のように、ぼくには親への怒りしかないため、言葉がキツくなっているのかもしれない。 意味、意味、意味。そう意味である。 毒親に育てられたあなたは、何をするにも意味を求めることはないだろうか。ぼくはある。それはぼくにとってどれだけメリットという意味があるか。お金になるという意味があるか。誰かに評価される意味があるか。全てに意味を求めるようなクセが付いてしまっている。 だから、ぼく自身の判断で意味がないと感じてしまったものは、たとえそれが意味のあるものだとしても、切り捨ててしまう。モノを選ぶときもそう、人を選ぶときもそう。だから、ぼくは、持っているモノが少ないし、周りに人がいない。意味のあるものでも意味のないものとして切り捨ててしまっているからである。 意味のないものとしてしまうのは、常に自分が意味のあるものを求めているからだ。 そこで、その意味を忘れる時間が必要であり、忘れることができる本がある。それが冒頭に紹介しただ。本の中身の紹介や感想は一切書かないから安心して大丈夫だ。あなたは事前に本の情報を知ることが嫌がるだろうから。 この本も読んでいるとき、読み終わった瞬間は、無意味なことに安心する。少し気が楽になる。でも、3日も続かないだろう。だから、忘れたころに改めて読むと良い。 典型的な毒親育ちは、意味のないことを意味のあるように感じ、考え、疲れて生きてきた。あなたにとって意味のないことも、誰かに好かれるために意味のあることと思って扱い、疲れて生きてきたんだ。意味のないことを意味がないとして考えることが出来ればどれだけ楽だったであろうか。 抽象的すぎて判らない人には判らないだろう。具体的に書くことが出来ないのだ。なぜなら、ぼく自身も意味のあることと意味のないことの具体的な意味が理解できていないからだ。ぼくの心の中ではおそらく理解は出来ている。でも、言葉に出して具現化が出来ない。それはぼくが中学生くらいの国語力しかないからだろう。 毒親に育てられたことで、生きている中で起こることに意味を求めて疲れている。そんな人は、この本を読むと少し思考に響いて、ちょっと生きるのが楽になるかもしれない。 無意味のススメの目次は以下である。 最後に、本を読んでいたときに判らない熟語や読めない漢字があったので、備忘録がてら意味を書いておこう。 波濤 ハトウ 大波、高い波 飛沫 シブキ 細かな粒となって飛び散る水 凪 ナギ 物事が安定しておさまっている状態 息衝く イキヅく 息をする、生きている 悟性 ゴセイ 論理的な思考力 戯れる タワムれる 遊び心から、ふざける 泰然自若 タイゼンジジャク 少しも物事に動じないさま 滋味 ジミ 物事に感じられる深い味わい 見識 ケンシキ 物事の本質を見通す、優れた判断力 斟酌 シンシャク 相手の事情や心情を汲み取ること 堪能 タンノウ 深くその道に通じ、優れていること 躍起 ヤッキ はやってむきになること、必死になること 燦々 サンサン 美しく光り輝くさま 焦燥 ショウソウ 思うようにコトが運ばなくてイライラすること 隷属 レイゾク つき従って言いなりになること 老荘思想 ロウソウシソウ 中国・魏晋時代に流行した思想 穿る ホジクる 隠されている物事を執拗に探る 安寧 アンネイ 世の中が平穏無事なこと 厚顔無恥 コウガンムチ あつかましく、恥知らずなこと 忌避 キヒ 嫌って避けること 愁眉 シュウビ 心配事のあるような顔つき 三文文士 サンモンブンシ 評価の低い文士 諸賢 ショケン 多くの賢人、敬意を込めて呼ぶ語 邂逅 カイコウ 思いがけなく出会うこと 萌芽 ホウガ 物事が始まること、兆すこと 慮る オモンパカる よくよく考える 頓死 トンシ 急にあっけなく死ぬこと 現世利益 ゲンセリヤク 祈りなどによって授けられる、この世での幸せ 包含 ホウガン 包み含んでいること 描出 ビョウシュツ 絵画、文章などに描き出すこと 叙事詩 ジョジシ 神話、伝説などを物語る長大な韻文 体現 タイゲン 思考や理念などを具体的な形として表すこと 本懐 ホンカイ 本来の望み 独善的 ドクゼンテキ 独りよがりであるさま 感慨 カンガイ 心に深く感じること 視野狭窄 シヤキョウサク 視野が周辺や中心から狭くなる状態 望外 ボウガイ 望んでいた以上に良いこと 苛む サイナむ 苦しめ悩ます、いじめる ジャクソンポロック 20世紀のアメリカの画家 バーネットニューマン アメリカの美術家、抽象表現主義 マークロスコ ロシア系ユダヤ人のアメリカの画家 モーリスルイス アメリカの画家 蠢く ウゴメく 道理をわきまえないさま ペダンティック 知識をひけらかすさま ドナルドジャッド 20世紀のアメリカの画家、彫刻家、美術家 一朝一夕 ひと晩やひと朝、わずかの時日 拵える コシラえる 作り上げる、美しく見せるようにする、用意する 脆い モロい 外力に対する抵抗力が乏しい 残滓 ザンシ 残りかすや何かが取り除かれたあとに残るもの 啼く ナく 鳥や虫、獣などが鳴く 拝跪 ハイキ ひざまずいて拝むこと くんずほぐれつ 取っ組み合ったり離れたり 埒外 ラチガイ わくの外、一定の範囲外 自瀆 ジトク 自慰、手淫 悖る モトる 道理などに背く、反する 夥しい オビタダしい 非常に多い、ひどい 河原温 カワラオン 日本出身の美術家 寛容 カンヨウ 過失をとがめ立てせず、人を許すこと GAFA ガーファ Google、Amazon、Facebook、Appleの総称 憧憬 ショウケイ あこがれること 意味がないことを勧めているのに、言葉の意味を書いておいたよ。無理に読めとはススメない。本を読むのだってしんどいからね。読むか読まないかは、あなたにお任せする。 生きていることに意味は求めなくて良い。だって毒親育ちのあなたにとっては辛すぎるでしょ? 本当にその言葉に意味があるの? [adrotate banner="13"]

続きを読む
毒親に育てられ、高齢ひきこもりがちになり、誰にも頼れず孤独で、孤独死に怯え、心が辛かったとしても、今はそれで良い

高齢ひきこもりに負い目を感じる必要はない。その経験が役に立つときがきっと来る。 毒親に育てられた、孤独、ひきこもり、孤独死。これらは全て繋がると、最近感じるようになった。少し考えてみれば、繋がりはありそうな気もする。でも、自分を関係があり、そういった話題を目にすると、より強く繋がり、因果関係があると感じた。 僕が作ったサイトは、旦那デスノートに始まり色々なデスノート系だ。その中でも、この毒親デスノートは一番身近に感じている。旦那デスノートが話題になったから、自身の経験からモラハラに関することとか書いたりもしたが、所詮、僕は独身の男であり、女性の気持ちも、既婚者の気持ちも、本当のところで判らない。 僕は、色々なサイトやブログを作っているが、キラキラしたものを作ることが出来ない。前向きやポジティブに、倫理観に沿ったものを作ることが出来ないのだ。 なぜなら、僕はたぶん、未だに両親への怒りを抱えている。怒りしか無いのだ。怒りのパワーが激しいからこそ、死ね!とか殺す!とかそういったものしか作ることしか出来ないのであろう。 そんな怒りパワーで作られているデスノートの投稿を読んでいて、気持ちが一番よく判るのが、この毒親デスノートだ。 僕の親は毒親だ。毒親は死ね!なんて思っている。今でも思っている。しかし、その感情が少し薄れてきているのも事実だ。それは母親が精神的におかしくなり、父親が脳梗塞で倒れたからだ。脳梗塞といっても軽いので、今はもう復帰しているようだ。 毒親だなんだといっても、親なので心配はする。これも因果応報だなと感じる。僕が迷惑をかけた人たちからの報いなのだ。 先日、ひきこもりのまま結婚した男性の記事を読んだ。 ひきこもりのまま結婚した40代男性、妻とは別居でも「彼女はよりどころ」2019.08.24 久しぶりに、全ての文字をじっくりと読んだ。書いてあることのほとんどが、自分に当てはまるからだ。気持ちが判るからだ。記事の内容として最終的にひきこもりの40代で結婚をしている。奥さんとは別居中だが、とても愛されていることが判り、少し冷めてはしまったが、とても良い記事だ。 記事を読むと、ひきこもりの要因のひとつとして、幼少期の親との関係があるんだと判る。僕もそう思う。僕自身が同じだからだ。僕も幼少期や学生のころに良い思い出は無い。出不精であり、人と関わることが苦手だ。 高齢でひきこもるから孤独になり、行く末は孤独死だ。孤独と孤独死は、字が被っているので、関係は多いにある。自分が死んでいないので、孤独死はあまり身近に感じられなかったが、最近はよく感じるようになった。 旦那デスノートにおいて、僕の携帯電話の番号を載せ、孤独で辛い女性たちの相談に乗っていたことがある。僕は必ず小さいころの話しを聞いた。なぜなら、人間関係の構築に問題がある人は、大抵は幼少期の親との関係が原因だからだ。 実際に、相談をしてきてくれた女性たちの7割は、幼少期に親との関係が良くなかった。子供のころは、常識や教養など判らないから、悪いのは親であると言える。親との関係が尾を引いて、精神的に病んでしまっている人も多かった。 毒親デスノートに投稿している人も、精神的に疲れてしまっている人が多いのではないだろうか。毒親に育てられてしまったあなたは悪くない。全ては親なのだ。負い目を感じる必要もない。その心の辛さはきっと誰かの役に立つときが来る。 毒親に育てられてしまうと、人間関係の構築をすることが出来なく、孤独になってしまう。仕事も上手くいかない。生活に困窮する。精神的に病んでしまうこともある。誰とも関わりを持たないので、最終的には孤独死をしてしまう。 孤独死という言葉に関しても、最近特に意識するようになった。僕も友達はいない。親しい人もいない。僕も孤独死をする可能性は十分にあるのだ。毒親持ちのあなたも、もしかしたら他人事ではないと感じているかもしれない。 孤独死を意識するようになったのは、両親の具合が良くないからかもしれない。母親は認知症なのかなんなのか、言っていることが支離滅裂で、たまに精神病院に入院したりする。誰かと勘違いして電話を掛けてくることがある。頑丈だと思っていた父親は、脳梗塞で倒れ、呂律が回らなくなり、身体の麻痺があった。今はもう大丈夫らしい。 孤独死というのは、よく新聞や雑誌にも取り上げられている。 孤独死した30代女性の部屋に見た痛ましい現実 その記事のほとんどが、同じ女性の方が書いているのである。その女性は、孤独死に関する著書も出版している。記事や本を読むと、他人事ではなく、本当に怖くなってくる。でも、それが現実だ。いつあなたがそうなるか判らない。 毒親に育てられ、ひきこもりがちになり、誰にも頼れず孤独で、孤独死に怯え、心が辛かったとしても、今はそれで良い。その経験は今後、必ず役に立つ時が来る。特に僕と同じ世代、40代の人たちは尚更である。 なぜなら、世の中の人たちの孤独はこれから加速していくからだ。そのときに、辛さを判ることができ、話しを聞いてあげることが出来る。だから、今の経験は大事なのだ。 インターネットが当たり前になり、LINEやFacebookなど、電話以上に人とのコミュニケーションが取りやすくなっている。しかし僕は、文字だけのコミュニケーションはコミュニケーションとして果たしてはいないと感じている。 いつでも誰とでも連絡を取れる。連絡が無いということは、関心が無い、ということ。電話であれば、簡単に出来ないし、妄想することができる。だからLINEなどは、悲観的になりやすい。結果、孤独感を味わいやすい。だから僕はLINE、Facebookは使っていない。 孤独を埋めるためのツールが孤独を加速させるツールとなっているのだ。だから、これから先は、孤独感が強い人が増えていく。そのときに相談に乗ってあげられるのがあなただ。 ひとりぼっちで寂しい。仕事のやる気がおきない。誰かと関わりたいけど、小さいことが気になって、きっと嫌いになってしまうだろう。嫌いになってしまい、辛い想いをするくらいなら、人と関わらない方が良い。そんな自分には価値が無い。僕も同じだ。 でも、たぶん、今はそれで良い。自分を責めないで良い。それも運命だし、宿命なのだ。誰かに合わせて無理をする必要は無いし、自分を否定する必要もない。独りなら独りのままで良い。自分はダメなんだ、と思えば思うほど、心が辛くなる。悲観しないで、そのままでいよう。 最近、僕の机の上には、20年くらい前に母親から買ってもらったSEIKOの腕時計が置いてある。ずーっと使ってなくて、ずーっと動いていなくて、久しぶりなんとなく引き出しから出した。しばらくすると動き出した。なぜか、嬉しかった。 その時計を引き出しにしまうことが出来ない。それは動かなくなるからじゃない。なんか手元に置いておきたいのだ。外に出かけるときも、けっこうな頻度で付けていくようになった。この腕時計を付けて行くなんて、10年前以来だ。 母親への想いからだろうか。今も憎しみは強い。でも、病院で何度か会った母親が忘れられないのだ。それはおそらく愛情なのか。僕の心の中に、愛と憎しみが混在しているのかもしれない。

続きを読む